アーボーグの豹/Urborg Panther

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Urborg Panther / アーボーグの豹 (2)(黒)
クリーチャー — 夜魔(Nightstalker) 猫(Cat)

(黒),アーボーグの豹を生け贄に捧げる:アーボーグの豹のブロックしているクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。
名前が《残忍な影/Feral Shadow》であるクリーチャーと、名前が《吐息の盗人/Breathstealer》であるクリーチャーと、アーボーグの豹を生け贄に捧げる:あなたのライブラリーから名前が《夜のスピリット/Spirit of the Night》であるカードを1枚探し、そのカードを戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。

2/2

マジック初の合体能力を持つクリーチャー。変則的なバジリスク能力も有する。

残忍な影/Feral Shadow吐息の盗人/Breathstealer戦場に揃っていれば、これらを生け贄に捧げてライブラリーから夜のスピリット/Spirit of the Nightを直接戦場に出すことができる。しかし、構築ではこの合体能力が使われることはない。わざわざ除去されやすいクリーチャーを3体並べる手順を踏むよりも、墓地から直接釣る方が早いのが原因。当時の環境には生き埋め/Buried Aliveに加えリアニメイト手段が豊富にあった。

これのバジリスク能力は自身を生け贄に捧げてブロック・クリーチャー破壊するというもの。類似した能力を持つカードとしてミラージュコモンには、ブロック・クリーチャーではなく攻撃クリーチャーを除去する死体の壁/Wall of Corpsesがいる。除去の対象は異なるが、その性質はほぼ同じなので、詳細は死体の壁/Wall of Corpsesを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif