青白GAPPO

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
34行: 34行:
  
 
*[[高桑祥広]]、[[伊藤敦]]も75枚同一のリストを使用している。
 
*[[高桑祥広]]、[[伊藤敦]]も75枚同一のリストを使用している。
**後に伊藤は[http://www.hareruyamtg.com/article/category/detail/540 晴れる屋コラム]にて、どうして他のデッキに乗り換えずにこのクソデッキを選んだのかを考察している。
+
**後に伊藤は[https://article.hareruyamtg.com/article/article_540/ 晴れる屋コラム]にて、どうして他のデッキに乗り換えずにこのクソデッキを選んだのかを考察している。
  
 
==参考==
 
==参考==

2019年9月22日 (日) 11:55時点における最新版

青白GAPPOは、高橋純也が製作した青白アーティファクトビートダウンデッキ。デッキ名の由来は、同じく高橋が製作した赤白GAPPO


Esperzoa / エスパーゾア (2)(青)
アーティファクト クリーチャー — クラゲ(Jellyfish)

飛行
あなたのアップキープの開始時に、あなたがコントロールするアーティファクト1つをオーナーの手札に戻す。

4/3

プロツアー京都09において使用者全員が惨敗を喫したこのデッキは、そのあまりの弱さゆえ、プロツアー史上最弱のクソデッキと揶揄されている。

  • デッキ名は赤白GAPPOをもじったものたが、デッキ構成は別物である。

[編集] 概要

エーテリウムの彫刻家/Etherium Sculptorバネ葉の太鼓/Springleaf Drum精神石/Mind Stoneを駆使しエスパーゾア/Esperzoaエーテリウムの達人/Master of Etherium等を高速展開。さらにそれを彫り込み鋼/Sculpting Steelコピーし、災いの砂時計/Scourglass対戦相手パーマネントを一掃する。


Etherium Sculptor / エーテリウムの彫刻家 (1)(青)
アーティファクト クリーチャー — ヴィダルケン(Vedalken) 工匠(Artificer)

あなたが唱えるアーティファクト呪文は、それを唱えるためのコストが(1)少なくなる。

1/2


Master of Etherium / エーテリウムの達人 (2)(青)
アーティファクト クリーチャー — ヴィダルケン(Vedalken) ウィザード(Wizard)

エーテリウムの達人のパワーとタフネスはそれぞれ、あなたがコントロールするアーティファクトの総数に等しい。
あなたがコントロールする他のアーティファクト・クリーチャーは+1/+1の修整を受ける。

*/*


Scourglass / 災いの砂時計 (3)(白)(白)
アーティファクト

(T),災いの砂時計を生け贄に捧げる:アーティファクトと土地以外のすべてのパーマネントを破壊する。この能力は、あなたのアップキープの間にのみ起動できる。


上記の様に回れば親和並みの展開力を発揮するが、彫刻家を引けなければデッキの動きが鈍くなり、エスパーゾアのアップキープ・コストが重くのしかかる。すなわち、彫刻家依存の"回らないと勝てないデッキ"だった。

その上、当時のスタンダード環境二強の一つだった青黒フェアリー対しては、霧縛りの徒党/Mistbind Clique謎めいた命令/Cryptic Commandフルタップ効果に対してほぼ無防備という致命的な弱点が存在した。

さらに、エスパーゾアと他所のフラスコ/Elsewhere Flaskコンボによるアドバンテージ補充も、二強のもう一つのデッキ、赤白GAPPO(赤白ヒバリ)を構成するアドバンテージカード群の前では無力であった。

デッキ自体のポテンシャルがかなり低い上に、メタゲームにも合致していないデッキがプロツアーで通用するはずも無く、デッキを使用した高橋自身と、高橋にデッキをシェアされた高桑祥広伊藤敦の3名は、全員が初日のスタンダードラウンド4回戦で1勝3敗、3名の成績の合計が3勝9敗という失態を演じた。

  • 逢坂有祐若山史郎もデッキをシェアされていたが、このデッキでは勝てないと判断し使用しなかった。
    • プロツアー終了後の反省会で逢坂と若山に問い詰められた際、高橋は「勝ちたいなら勝ちたいって言ってよ!」という迷言を遺した。

[編集] サンプルレシピ

Tezzerator [1]
土地 (20)
4 アダーカー荒原/Adarkar Wastes
4 秘教の門/Mystic Gate
4 変わり谷/Mutavault
7 島/Island
1 平地/Plains
クリーチャー (16)
4 エーテリウムの彫刻家/Etherium Sculptor
4 エーテリウムの達人/Master of Etherium
4 エスパーゾア/Esperzoa
4 ヴィダルケンの異国者/Vedalken Outlander
呪文 (24)
2 求道者テゼレット/Tezzeret the Seeker
4 謎めいた命令/Cryptic Command
3 バネ葉の太鼓/Springleaf Drum
3 精神石/Mind Stone
2 ロクソドンの戦槌/Loxodon Warhammer
4 他所のフラスコ/Elsewhere Flask
3 災いの砂時計/Scourglass
3 彫り込み鋼/Sculpting Steel
サイドボード (15)
1 災いの砂時計/Scourglass
3 流刑への道/Path to Exile
3 否認/Negate
2 真髄の針/Pithing Needle
2 卓越の印章/Sigil of Distinction
1 大祖始の遺産/Relic of Progenitus
3 剃刀毛のマスティコア/Razormane Masticore


  • 高桑祥広伊藤敦も75枚同一のリストを使用している。
    • 後に伊藤は晴れる屋コラムにて、どうして他のデッキに乗り換えずにこのクソデッキを選んだのかを考察している。

[編集] 参考

QR Code.gif