破壊

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(その他)
(その他)
 
11行: 11行:
 
==その他==
 
==その他==
 
*[[再生]]は破壊に対する[[置換効果]]であり、破壊を阻止することができる。
 
*[[再生]]は破壊に対する[[置換効果]]であり、破壊を阻止することができる。
*[[破壊不能]]を持つパーマネントは、それを破壊するような効果を無視する。
+
*[[破壊不能]]を持つパーマネントは、それを破壊するような効果や状況起因処理を無視する。
 
*パーマネントが破壊されるのは、「破壊する」と明示された[[効果]]、あるいは上記の状況起因処理においてのみである。戦場から[[墓地]]に移動することすべてが破壊ではない。以下のような状況はゲーム中頻繁に遭遇するが、これらは「破壊」ではないため注意が必要である。
 
*パーマネントが破壊されるのは、「破壊する」と明示された[[効果]]、あるいは上記の状況起因処理においてのみである。戦場から[[墓地]]に移動することすべてが破壊ではない。以下のような状況はゲーム中頻繁に遭遇するが、これらは「破壊」ではないため注意が必要である。
 
**[[生け贄に捧げる|生け贄に捧げられた]]パーマネントが[[オーナー]]の墓地に置かれる。
 
**[[生け贄に捧げる|生け贄に捧げられた]]パーマネントが[[オーナー]]の墓地に置かれる。

2019年2月13日 (水) 16:09時点における最新版

破壊(はかい)/Destroyキーワード処理の1つ。


Murder / 殺害 (1)(黒)(黒)
インスタント

クリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。


目次

[編集] 定義

パーマネントを破壊する」とは、「そのパーマネントを戦場から墓地に置く」ことを意味する。

[編集] その他

  • 再生は破壊に対する置換効果であり、破壊を阻止することができる。
  • 破壊不能を持つパーマネントは、それを破壊するような効果や状況起因処理を無視する。
  • パーマネントが破壊されるのは、「破壊する」と明示された効果、あるいは上記の状況起因処理においてのみである。戦場から墓地に移動することすべてが破壊ではない。以下のような状況はゲーム中頻繁に遭遇するが、これらは「破壊」ではないため注意が必要である。
  • 昔のカードには、「埋葬する」と記述されているものがある。これは廃語であり、「破壊する。それは再生できない」か「生け贄に捧げる」と読み替えられる。個々のカードの記述は、オラクルを参照すること。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20190712.0

QR Code.gif