IGGy-POP

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

IGGy-POPは、レガシーで活躍するストームコンボデッキ。デッキ名はキーカードである不正利得/Ill-Gotten Gainsの頭文字をパンクロック界の大御所であるイギー・ポップとかけたものである。

[編集] 概要


Ill-Gotten Gains / 不正利得 (2)(黒)(黒)
ソーサリー

不正利得を追放する。各プレイヤーは、自分の手札を捨てる。その後すべてのプレイヤーは自分の墓地にあるカードを最大3枚まで自分の手札に戻す。



Lion's Eye Diamond / ライオンの瞳のダイアモンド (0)
アーティファクト

あなたの手札を捨てる,ライオンの瞳のダイアモンドを生け贄に捧げる:あなたのマナ・プールに、好きな色1色のマナ3点を加える。この能力は、あなたがインスタントを唱えられるときにのみ起動できる。



Intuition / 直観 (2)(青)
インスタント

あなたのライブラリーからカードを3枚探し、それらを公開する。対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーはその中から1枚選ぶ。そのカードをあなたの手札に加え、残りをあなたの墓地に置く。その後あなたのライブラリーを切り直す。



Tendrils of Agony / 苦悶の触手 (2)(黒)(黒)
ソーサリー

プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは2点のライフを失い、あなたは2点のライフを得る。
ストーム(あなたがこの呪文を唱えたとき、このターンにそれより前に唱えた呪文1つにつきそれを1回コピーする。あなたはそのコピーの新たな対象を選んでもよい。)


基本的な動きは他のストームデッキと同じ。水蓮の花びら/Lotus Petal暗黒の儀式/Dark Ritualといったマナ加速から直観/Intuition衝動/Impulseなどを連打し、苦悶の触手/Tendrils of Agonyでフィニッシュする。

一連のコンボのサポートとして不正利得/Ill-Gotten Gainsを採用している点がこのデッキの最大の特徴である。レガシーでは禁止であるヨーグモスの意志/Yawgmoth's Willを彷彿とさせる墓地再利用効果ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamondとは相性抜群で、レガシーでは数少ない1ターンキルの可能性を持ったデッキである。

さらにギルドパクト虚空の力線/Leyline of the Voidを得て、不正利得がさながら機知の終わり/Wit's Endのように機能するようになった。

天敵は墓地対策。特にこちらの態勢が整う前に虚空の力線を張られると(勝てないわけではないが)かなり厳しい。

  • 勝つにしても負けるにしても戦場に虚空の力線が張ってあるパターンが結構多い。
  • 墓地対策が定番化して以降はほとんど見かけなくなり、同系ストームデッキはTESへ移行し、さらにむかつき/Ad Nauseam登場後はANTへと移行していった。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60) サイドボード
クリーチャー (0) 4 ザンティッドの大群/Xantid Swarm
呪文 (44) 3 In the Eye of Chaos
4 水蓮の花びら/Lotus Petal 3 虐殺/Massacre
4 陰謀団の儀式/Cabal Ritual 2 蒸気の連鎖/Chain of Vapor
4 暗黒の儀式/Dark Ritual 2 ガイアの祝福/Gaea's Blessing
4 ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond 1 残響する真実/Echoing Truth
4 不正利得/Ill-Gotten Gains
3 苦悶の触手/Tendrils of Agony
4 虚空の力線/Leyline of the Void
1 残響する真実/Echoing Truth
4 神秘の教示者/Mystical Tutor
4 渦まく知識/Brainstorm
4 直観/Intuition
4 冥府の教示者/Infernal Tutor
土地 (16)
2 島/Island
2 沼/Swamp
4 溢れかえる岸辺/Flooded Strand
4 汚染された三角州/Polluted Delta
1 Tropical Island
2 Underground Sea
1 陰謀団のピット/Cabal Pit

[編集] 参考

QR Code.gif