Gwendlyn Di Corci

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Gwendlyn Di Corci (青)(黒)(黒)(赤)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) ならず者(Rogue)

(T):プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは、カードを1枚無作為に選んで捨てる。この能力は、あなたのターンの間にのみ起動できる。

3/5

レジェンドに収録された伝説のクリーチャー達の中でも、かなり強力な部類に入る一枚。さすがに色拘束も相当厳しいが、このクラスなら後の時代の「強い伝説」達とも肩を並べられるだろう。

4マナで3/5の基本サイズは水準超えであり、能力タップのみで相手にランダムディスカード強要と十分強い。も絡んでいることをみれば、コントロールデッキフィニッシャー兼妨害用に使えないこともない。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

レジェンド伝説の土地に関連する、弧3色伝説のクリーチャーによるサイクル。対応する中心の伝説の土地に関連するフレイバー・テキストを持つ。括弧内はその伝説の土地。

[編集] ストーリー

グウェンドリン・ディー・コアシー/Gwendlyn Di Corciアーボーグ/Urborg人間の女性。その機知と権謀術数で知られ、相手の思考と行動を縛り意のままに操る。多くの名のある剣士が彼女の手にかかって命を落としている。イラストから察するに、女の色香を十二分に活かした“交渉術”に長けるようだ。

ドメインズ/The Domainsの魔女の中には、グウェンドリンが最初に編み出したという誘惑の呪文を愛用するものもいる。

Gwendlyn's Groin!(グウェンドリンの股座よ!)
トレイリア/Tolariaを二つ名とする自信過剰な若い二流魔術師(実際にはトレイリアを訪れたこともない)が窮地に陥ったときの言葉。「(女に未練を残して)死んでたまるか」くらいの意味の言い回しだろう。セックス・シンボルとしてのグウェンドリン像が垣間見えるかのような表現だ。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] 登場作品

[編集] 訳語

「Gwendlyn Di Corci」は、第5版第6版宿命/Kismetフレイバー・テキストで「グウェンドリン・ディー・コアシー」と訳されている。

[編集] 参考

QR Code.gif