鱗衛兵の歩哨/Scaleguard Sentinels

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Scaleguard Sentinels / 鱗衛兵の歩哨 (緑)(緑)
クリーチャー — 人間(Human) 兵士(Soldier)

鱗衛兵の歩哨を唱えるための追加コストとして、あなたの手札にあるドラゴン(Dragon)・カードを1枚公開してもよい。
あなたが鱗衛兵の歩哨を唱えた時点でドラゴン・カードを公開したかドラゴンをコントロールしていたなら、鱗衛兵の歩哨は+1/+1カウンターが1個置かれた状態で戦場に出る。

2/3

ドラゴン・ボーナスを受けると+1/+1カウンターが置かれた状態で戦場に出るクリーチャーエルフの戦士/Elvish Warrior上位互換

2/3は裏向きのクリーチャーを一方的に討ち取れるサイズなので、リミテッドでは条件を抜きにしても序盤の戦力としては優秀。ボーナスを獲得できれば3マナ~4マナクラスの性能になり、+1/+1カウンターを参照するカードとのシナジーにも期待できる。ただしダブルシンボルである点には注意。

スタンダードでは、ドラゴンを中心とするデッキがほとんど存在しなかったため目立った活躍はなかった。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

タルキール龍紀伝の、唱える際に手札ドラゴンカード公開するかドラゴンをコントロールしているとボーナスを得られるカードのサイクルアンコモンに各1枚ずつ存在し、レアにも龍王の大権/Dragonlord's Prerogativeが存在する。

[編集] 参考

QR Code.gif