野リンゴの群勢/Crabapple Cohort

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Crabapple Cohort / 野リンゴの群勢 (4)(緑)
クリーチャー — ツリーフォーク(Treefolk) 戦士(Warrior)

野リンゴの群勢は、あなたが他の緑のクリーチャーをコントロールしているかぎり+1/+1の修整を受ける。

4/4

シャドウムーアの同クリーチャーコントロールしていると+1/+1修整を得られるクリーチャーサイクル。そのままでもダークウッドの猪/Durkwood Boars相当、他の緑のクリーチャーがいると色拘束の弱いシルバーバック/Silverback Ape相当。前者の上位互換である。

なんといってもサイズが魅力。クリーチャー戦を是とする緑ならば安定して5マナ5/5を確保できるため、リミテッドにおける大型クリーチャー枠として活躍してくれる。コモン同士ということもあり、2ターン目の献身のドルイド/Devoted Druidからのマナ加速で3ターン目に登場することもある。

  • シャドウムーアのカードリスト発表時、タカラトミーの日本語オートカードやWhisper、MJMJの対訳オラクルでは「リンゴの群勢」という間違ったカード名で掲載されていた。「Crab(カニ)」+「Apple(リンゴ)」を合わせた単語と思って訳されたのだと思われるが、Crabappleで「野生リンゴ」という意味がある。
  • 「群勢/Cohort」という名だが、イラストに描かれているクリーチャーは1体である。これはサイクルの他のカードも同様である。Cohortは「軍隊」「(統計学上の)群」以外に、分類学上階級である「区(目の上の分類)」という意味があるため、このカードに関しては「野リンゴ類(の生物)」という意味とも解釈できる。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

シャドウムーアの群勢サイクル。他に同じクリーチャーがいれば+1/+1の修整が得られる。

[編集] 参考

QR Code.gif