罪を誘うもの/Sin Prodder

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Sin Prodder / 罪を誘うもの (2)(赤)
クリーチャー — デビル(Devil)

威迫
あなたのアップキープの開始時に、あなたのライブラリーの一番上のカードを公開する。どの対戦相手も「あなたはそのカードをあなたの墓地に置く。」を選んでもよい。あるプレイヤーがそうしたなら、罪を誘うものはそのプレイヤーにそのカードの点数で見たマナ・コストに等しい点数のダメージを与える。誰もそうしないなら、そのカードをあなたの手札に加える。

3/2

アップキープごとにライブラリーの一番上カード公開し、「そのまま手札に加える」「それを墓地に置く代わりダメージ」のどちらかを対戦相手に選ばせる、懲罰者カードのような二択を迫るデビル

対戦相手に選択権があるカード特有の不安定さはあるものの、マナなどがかからずほぼ無料で手札1枚かダメージならばどちらに転んでも悪くはない。重要カードを墓地に落とされるデメリットがあるように見えるが、ほとんどの場合でただの気のせいであり(いわゆるデモコン理論)、通常のビートダウンで使用する分にはまず問題はない。

3マナ3/2威迫アタッカーとしての基本性能もそこそこ悪くない。ダメージの点数が点数で見たマナ・コストに左右されることから、デッキ全体を軽く仕上げたスライのようなアグロよりは、いくらか重い呪文も併用するミッドレンジ戦略に向いている。

登場時のスタンダードでは火力が弱体傾向にあり、系のビートダウンがさほど活躍できていないのが逆風か。

レガシードラゴン・ストンピィで採用されている。手札を補充する手段がほぼ無く、猿人の指導霊/Simian Spirit Guideなどまで使用するため手札を補充できれば嬉しく、また全体的に3~4マナのカードが多いためダメージを選ばれても問題ない。土地金属モックス/Chrome Moxがめくれた場合はダメージなしで墓地に送られてしまうが、このカードが出ている時点でマナソースの重要性は下がっているはずであり、不要牌を弾くことが出来たと考えることもできる。

  • 点数で見たマナ・コストが0のカードの場合、0点のダメージを与える(つまりダメージを与えない)ことになる。土地カードが公開されたときは、対戦相手はまず墓地に置くことを選ぶだろう。
  • 昂揚などの墓地利用カードと組み合わせるといやらしい。墓地を肥やすのが嫌なのであえて手札に加えさせる、という選択肢もありえる。
  • 闇の腹心/Dark Confidantと似ているように見えて、まったく性格が違うカード。闇の腹心は軽いカードが多いほどリスクが減って強力になるのに対し、こちらは軽いカードが多いほど対戦相手側のリスクを減らすことになり確実性が薄れることになる。
  • ボガートの粗暴者/Boggart Bruteのほぼ上位互換

[編集] 参考

QR Code.gif