秘宝の突然変異/Artifact Mutation

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Artifact Mutation / 秘宝の突然変異 (赤)(緑)
インスタント

アーティファクト1つを対象とし、それを破壊する。それは再生できない。緑の1/1の苗木(Saproling)クリーチャー・トークンをX体生成する。Xは、そのアーティファクトの点数で見たマナ・コストに等しい。


アーティファクト破壊しつつ苗木クリーチャートークンを生み出すインスタント

インベイジョン・ブロック期のアーティファクト対策としてはマナ・コスト軽く、強力な部類であったが、肝心のアーティファクト自体が多くなかったため、ファイアーズなどのサイドボードにぽつぽつと見当たる程度だった。ブルーオーブ対策としても使われたが、エンチャントにも手をつけられる外殻貫通/Hull Breachなどの存在もあり、あまり多用されなかった。

エクステンデッドでは親和対策に活躍した。金属ガエル/Frogmiteで4体、マイアの処罰者/Myr Enforcerならば7体のトークンが出る。またヴィンテージでは一部のテンポデッキに使用されている。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

インベイジョン・ブロックの突然変異サイクルを含む多色呪文であり、対象パーマネント点数で見たマナ・コスト分の苗木トークンを発生させる。

[編集] 参考

QR Code.gif