疫病吹き/Plague Belcher

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Plague Belcher / 疫病吹き (2)(黒)
クリーチャー — ゾンビ(Zombie) ビースト(Beast)

威迫
疫病吹きが戦場に出たとき、あなたがコントロールするクリーチャー1体を対象とし、それの上に-1/-1カウンターを2個置く。
あなたがコントロールする他のゾンビ(Zombie)が1体死亡するたび、各対戦相手はそれぞれ1点のライフを失う。

5/4

アモンケットに存在する、ETB能力で自軍クリーチャー-1/-1カウンターを置くクリーチャーの1枚。威迫を持ち、他のゾンビ死亡するたびライフロスのボーナスが得られるゾンビ・ビースト

本体性能は、単色にして回避能力付きの長毛のソクター/Woolly Thoctarという凄まじいもの。その分、-1/-1カウンターによる弱体化の幅も大きめなので、採用するならいかにこの戦闘力の高さを活かせる構成にするかが鍵。ゾンビは死んでも墓地から復活できるものも多く、それによるディスアドバンテージの緩和ができることや3番目の能力とのシナジーから、基本的にはゾンビデッキアタッカーとして使うのが前提となる。誘発型能力効果は小さなものだが、元々攻め気の強い種族であるため、着実にクロックを刻んでいけるのは方向性が噛み合う。

スタンダードでは戦慄の放浪者/Dread Wanderer無情な死者/Relentless Dead戦墓の巨人/Diregraf Colossusなど相性の良いカードも多く、それらとともにゾンビデッキで使われることがある。

モダン以下のフォーマットでも、簡単に墓地から戻って来る墓所這い/Gravecrawler恐血鬼/Bloodghast死亡誘発能力を有し不死により戦場に戻せる上-1/-1カウンターで不死を再利用できるゲラルフの伝書使/Geralf's Messengerといった好相性のカードが存在するため、軽くサイズに優れるこれも検討の余地が有るだろう。

[編集] 参考

QR Code.gif