永遠の荒野の模範/Paragon of Eternal Wilds

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Paragon of Eternal Wilds / 永遠の荒野の模範 (3)(緑)
クリーチャー — 人間(Human) ドルイド(Druid)

あなたがコントロールする他の緑のクリーチャーは+1/+1の修整を受ける。
(緑),(T):あなたがコントロールする他の緑のクリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時までトランプルを得る。(それが自身をブロックしているすべてのクリーチャーを破壊するのに十分なダメージを割り振ったなら、あなたはそれの残りのダメージを防御プレイヤーかプレインズウォーカーに割り振ってもよい。)

2/2

の模範はトランプルを付与する。

緑にしてはマナレシオが低く、サイクルカードゆえの不遇を被っている。しかしエルフの神秘家/Elvish Mysticといったマナ・クリーチャーなども強化できるので、それらの後続として出すと戦線が安定する。トランプルを付与する起動型能力も、P/Tの高さに優れた緑だからこそ有効に機能する。

サイズ強化と起動型能力が噛み合っておりリミテッドでは強力。特に年経たシルバーバック/Ancient Silverbackとのコンビネーションは恐ろしく、チャンプブロッカーだろうが接死だろうがものともせずにライフ削っていく様は毎ターン地壊し/Groundbreakerが出てくるようなもの。アンコモン同士の組み合わせなので遭遇する機会は多くないが、見かけたら是非両方採用したい。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

基本セット2015の模範クリーチャーサイクル。対応するの他のクリーチャーのP/T強化するとともに、起動型能力キーワード能力得させることができる。いずれも4マナ2/2でアンコモン

[編集] 参考

QR Code.gif