強引な採掘/Aggressive Mining

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Aggressive Mining / 強引な採掘 (3)(赤)
エンチャント

あなたは土地をプレイできない。
土地を1つ生け贄に捧げる:カードを2枚引く。この能力は、毎ターン1回のみ起動できる。


土地生け贄に捧げることでカード引けるドローエンジン。ただし起動は1ターンに1回しかできず、また土地をプレイすることができなくなる。

土地1枚を手札2枚に変換できるため、カード・アドバンテージを稼げる。起動制限によってコンボパーツとしては使いづらいが、継続的なアドバンテージ源にはなり得る。

土地のプレイ制限はきついデメリット。起動型能力で土地が減っていくため、いずれは手詰まりになってしまう。土地を直接戦場に出すカードと併用したり、バウンスなどでこれを処理する手段を用いたりするなど、何らかの対策はあった方がよい。

[編集] 開発秘話

外部のゲーム・デザイナーを招いて作成された、「外部デザイナー・カード」の1枚。担当したのは、Minecraftの作者である"Notch"ことMarkus Perrson(参考/翻訳)。

そのイラストも、Minecraftというゲームを象徴するキューブ状に掘られた地面というものになっている。

当初のデザイン案は以下のようなものだった。


非公式/非実在カード

Aggressive Campaign / 強引な作戦
エンチャント

あなたは土地・カードをプレイできない。
土地を1つ生け贄に捧げる:カードを2枚引く。


使い道を模索したくなるJohnny向けの良いデザインだが、強力なドローエンジンになる危険性があった。そこでデベロップ・チームの提案により、起動回数に制限を設けることで、土地をすべて生け贄に捧げて大量にカードを引くソーサリーとしては使えないように調整された。

[編集] 参考

QR Code.gif