三頭ゴブリン/Three-Headed Goblin

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

三頭ゴブリン/Three-Headed Goblin (3)(赤)(赤)
クリーチャー — ゴブリン(Goblin)・ミュータント(Mutant)

三段攻撃(このクリーチャーは先制攻撃と通常と後制攻撃の戦闘ダメージを与える。)
透かし:ゴブリンの爆発屋/Goblin Explosioneers

3/3

アーティスト:Mike Burns


二段攻撃をも上回る、三段攻撃を持つゴブリンミュータント

5マナで9点もの打点を叩き出せるのは驚異の一言。また、パワー強化サボタージュ能力付与とは、二段攻撃以上に相性が良い。パワーを+4できれば21点の致死量となるし、カササギ能力スペクター能力を持たせれば莫大なアドバンテージを稼ぐことができる。Unstable内ではダンジョンズ・アンド・ドラゴンズの剣/Sword of Dungeons & Dragonsが良い相方だが、レア神話レアの組み合わせでありリミテッドで揃えるのは難しいか。パワー強化ならバズ・バギー/Buzz Buggy応用航空力学/Applied Aeronautics、サボタージュ能力付与なら致死毒収集機/Deadly Poison Sampler口述筆記装置/Dictation Quillographといったからくりと組み合わせるのも手。

強力な打点を持つ反面、クリーチャーとの戦闘ではやや心もとない。先制攻撃や二段攻撃の上位性能ではあるのだが、三段目の攻撃は後制攻撃であるため3/4程度のバニラにも相討ちを取られることになり、結果として同マナ・コスト域を突破できないことが多い。タフネスだけでも上げてやればだいぶ実用的になるが、Unstableのにタフネスが上がるカードは1枚もない。赤らしく、火力ブロッカーを排除したり、トランプルを付与して本体にダメージを叩き込む方が良いか。トランプルを付与した場合、パワー+5でタフネス4を、パワー+7ならタフネス10さえをも貫通して致死量のダメージを叩き込める。

It's true that two heads are better than one, but after that you run into diminishing returns.
2つの頭は1つよりも優れているのは事実だけれど、その後の利益は減っていく。

[編集] 参考

QR Code.gif