エンドカード

提供:MTG Wiki

ボムから転送)
移動: 案内, 検索

エンドカード(Game-Ender)とは、主にリミテッドにおいて使われる用語で、一枚で勝負を決めうる強力なカード(特にレア神話レア)のこと。2011年以降はボム(Bomb)とも呼ばれるようになった。ボムレア爆弾レアとも。

[編集] 概要

フィニッシャーに近い意味を持つが、こちらは基本的にリミテッドで用いられる表現である。また、クリーチャー以外のフィニッシャーもエンドカードと呼ばれることが多い。

リミテッドのカードパワーはレアや神話レアに偏ったり、特定の強化全体除去の重要度が構築と比べて重くなるため、パフォーマンスのよいカードが総じてエンドカード/ボムと呼ばれる。典型的には、マナレシオの高い回避能力持ちクリーチャー、継続的にカード・アドバンテージを稼げるカード、強力な装備品全体除去、回避能力やそれに相当する能力付きの全体強化などが当てはまる。

これらの投入枚数はデッキの強さに直結する(特に特定の戦略に特化することが困難なシールド戦で顕著)ため、少し無理してを足してでも投入することがある(タッチ)。また、ドラフト後半では色が合わなくても同じテーブルの対戦相手にそれらを渡さないためだけにピックする(カット)ことがある。

  • 必ずしもエンドカード/ボムが構築で通用するカードパワーを持つとは限らない。特に、ETB能力や除去耐性を持たないファッティ、時間をかけてアドバンテージを稼ぐシステムクリーチャーなどは、構築ではすぐに除去されてお終いになりやすい。
  • 逆に、構築で通用するレアカードがリミテッドではエンドカード/ボム扱いとも限らない。あるコンセプトに特化したデッキでこそ輝くカード、特定のデッキへの対策カード、強力だが1回限りの単体除去多色地形などがこれに当たる。
  • TCG以外での用法としては、テレビ番組等において、放送の最後に映される一枚絵のことを指す。

[編集] 参考

QR Code.gif