ゲス/Geth

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ゲス/Gethは、ミラディン・ブロックおよびミラディンの傷跡ブロックのキャラクター。

目次

[編集] ストーリー

[編集] ミラディン・ブロック

金属世界ミラディンの沼地メフィドロス/Mephidrossを棲家とする屍術師/Necromancer大霊堂の守り手/keeper of the Vaultの二つ名を持つ。

屍賊/Nimを操るが、心の底から邪悪な人物という訳でもないようである。どこか飄々として立ち回りが上手く、時には情けない所を見せつつも常にしたたかに生き延びている。

本人曰く「生きている訳でも死んでいる訳でもない」。

ヴィダルケン/Vedalkenとの取引によって屍賊にレオニン/Leoninの国タージ=ナールを襲わせていたが、ラクシャ/Raksha王と同盟を結んだグリッサ/Glissaにより僕であるヴァンパイアメフィドロスの吸血鬼/Mephidross Vampireと思われる)を倒されて降伏し、襲撃を止めさせられる。次にグリッサ達がカルドラの盾/Shield of Kaldraを探しに再びメフィドロスまで来た際にはヴィダルケンと内通して邪魔をするが、この時も結局はグリッサに折れ、地下の洞窟からミラディン内部の大空洞、メムナーク/Memnarchの住処へと続く道を教えた。

そして緑の太陽が昇った後、部下の一人に造反され、生首だけの姿となってラクシャの元に届けられる。その後はグリッサに持ち歩かれ、物語の最後まで行動を共にした。

グリッサとメムナークの戦いにおいては、首だけの姿になっても「ミラディン世界最強の屍術師」としての力を見せつけ、ラクシャに首を持たれたまま屍賊にメムナークを襲わせてグリッサを助けた。

メムナークが倒れた後、グリッサとスロバッド/Slobadと共に、彼もまた(生首の姿そのままで)ミラディン世界に残った。2人は地上に去ったが、彼はミラディン地下の大空洞で独り(正確には、迷惑エンジン/Nuisance Engine邪魔者トークンと思しきクリーチャー沢山と)暮らしている。

[編集] ミラディンの傷跡ブロック

ファイレクシア/Phyrexiaの侵略に手を貸す代わりに新たな胴体を手に入れ、大霊堂の王、ゲス/Geth, Lord of the Vaultとして再登場。新ファイレクシア/New Phyrexiaの派閥を統べる七人の鋼の族長/Seven Steel Thanesの一人に列している。抜け目ない性格も変わっていないようで、他勢力の取引や同盟を仲介することにより影響力を保持している。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] カード名に登場

ダークスティール
ゲスの呪文書/Geth's Grimoire
ミラディンの傷跡
ゲスの玉座/Throne of Geth
新たなるファイレクシア
ゲスの評決/Geth's Verdict

[編集] フレイバー・テキストに登場

ミラディン
血のやりとり/Barter in Blood恐怖/Terror囁きの大霊堂/Vault of Whispers
ダークスティール
貪欲の重責/Burden of Greed
フィフス・ドーン
影の中の貪り/Devour in Shadow
ミラディンの傷跡
モリオックの肉裂き/Moriok Reaver壊死のウーズ/Necrotic Ooze、ゲスの玉座/Throne of Geth
ミラディン包囲戦
黒の太陽の頂点/Black Sun's Zenith鏡操り/Mirrorworks
新たなるファイレクシア
蔑み/Despise、ゲスの評決/Geth's Verdict、大霊堂のスカージ/Vault Skirge

[編集] 登場作品・記事

[編集] 参考

QR Code.gif