ギトゥの火/Ghitu Fire

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ghitu Fire / ギトゥの火 (X)(赤)
ソーサリー

あなたがギトゥの火を唱えるためにさらに(2)を支払うなら、あなたはギトゥの火を、瞬速を持っているかのように唱えてもよい。(あなたはこれを、あなたがインスタントを唱えられるときならいつでも唱えてよい。)
クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。ギトゥの火は、それにX点のダメージを与える。


猛火/Blaze基本セット入りして以来、初めて新たに登場した猛火の上位互換。猛火とまったく同じ性能を持ち、さらに追加で2マナ支払うことでインスタント・タイミング唱えることができる。登場時は猛火のほかにも溶岩噴火/Volcanic GeyserというX火力と共存しており、これはその両者のいいとこどりをしたカードと言える。

とりあえず普通に猛火同様の使い方ができる。X火力リミテッドでは常に高得点カードとなるものだが、これは特に、比較的ゆっくりしており、かつマナ基盤を支えるカードが豊富だったインベイジョン・ブロック環境のおかげでさらに優秀さが際立っていた。

インスタントプレイができる性質も、Xにつぎ込める量が減ってしまうものの、クリーチャー除去するときなどはタイミングが重要な場面は多いので実用性は高い。また「大量マナからのX火力でトドメ」というパターンのコンボデッキの場合、状況次第では(デッキによっては常に)インスタントプレイによって決め技を放つ必要がある。そのような場合は猛火ではなくギトゥの火でないと務まらないといえる。コンボの構成によるものの、大量マナ(特に無限マナ)があるなら、追加の2マナ程度重いうちに入らないだろう。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

インベイジョンインスタントプレイ可能なソーサリーサイクル。追加で2マナ支払うことでインスタント・タイミング唱えることができる。

[編集] 参考

QR Code.gif