Double Take

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Double Take (3)(青)(青)
インスタント

他のプレイヤーを1人選ぶ。カードを2枚引く。そのプレイヤーとの次のゲームの開始時に、さらにカードを2枚引く。


次のゲーム開始時にまでカード引けるドローカード。

カジュアルプレイなら、コントロール系のデッキで何回かこれを使用し、次のゲームで高速コンボデッキに変えるのが有効だろうか。あまり多く使用しすぎると次の対戦を断られかねないので注意。

もっとも効果的な使い方は、Enter the DungeonShahrazadといったサブゲームを行うカードと一緒に使うこと。

  • イラストは右の男が未来の自分に遭遇する姿を描いている。未来の自分は宝くじの当たり番号が書かれた本とBlack Lotusをプレゼントしようとしている。(→Get It?参照)
  • 期間限定で銀枠のカードも使用できる統率者戦では禁止カードに指定された。

[編集] ルール

Unglued Rulings Summary相良守人訳)より引用。

  • 対戦相手ではなくチームメイト対象にしてもよい。
  • 対象のプレイヤーと次にプレイするゲームがマジックでなくても、可能な限り効果を適用する。
    • 次のゲームがポーカーならば、皆ドロップしてしまうことだろう。
    • 次のゲームがババ抜きや大富豪などといった、カードを消費しつくすことで勝利するゲームでは逆に不利になるかもしれない。
    • 次のゲームが別のTCGでも、ドローは適用される。国産TCGに割とよくある、「手札からカードを捨てる事でコストを支払う」系のゲームでは、マジック以上に効果が大きい。ただし、同様に国産TCGによくある、「毎ターンのドローが2枚」「ターン終了時に手札○枚になるまでカードを引く」などのルールのゲームの場合、相対的にその効果は薄くなる。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

アングルードのDoubleカードサイクル。(マジックに限らず)次のゲームの始めにも影響を与える。サブゲームに入ったときにも有効(参考)。

アンヒンジドにも、次のゲームに影響を及ぼすTime Machineが存在する。

[編集] 参考

QR Code.gif