Enter the Dungeon

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Enter the Dungeon (黒)(黒)
ソーサリー

プレイヤーはテーブルの下でマジックのサブゲームをプレイする。開始時のライフは5ライフで、各自のライブラリーをデッキとする。サブゲームが終了した後、勝者は自分のライブラリーから2枚のカードを探し、それらを自分の手札に加えて、その後ライブラリーを切り直す。


マジックゲーム中に入れ子式にマジックのゲームをするカードの2枚目。ただし“アン”テイストが加わっているため、ダンジョンに突入して(テーブルの下にもぐって)サブゲームを行う。また、ゲーム短縮のためと思われるライフ5点スタートが採用されている。

5点ライフはスーサイドブラックウィニー系のデッキなら数ターンで勝負を付けられるので、そういったデッキなら採用の余地はあるかもしれない。また、初手にRocket-Powered Turbo Slugが2枚あったり、メインゲームにDouble Dealを2回プレイしていたりすれば即勝利することができる。

Shahrazadよりも短期で終わる分多少はマシになったが、それでも準備が色々と面倒。だがこっちはアングルード系のカードなので、そういったカードを入れてのゲームならわざわざ対戦相手に承諾を求めるなどはヤボだろう。

サブゲームに関する詳しい解説はサブゲームの項を参照。

  • この呪文によるサブゲーム中にさらにこの呪文を使用した場合、別のテーブルの下に移動してサブゲームを行う。
  • この呪文によるサブゲーム中にBooster Tutorで手に入れたカードは、サブゲーム終了後にメインゲームに戻る。
  • 床や屋外等、机の上以外で元のゲームをプレイしていた場合、テーブルを持ってこなくてはいけないらしい。
  • 暗い場所でのプレイは目が疲れてしまうので、明かりを用意しておこう。
  • 冬にはコタツ、特に掘りゴタツでは絶対にプレイしてはいけない。参考:Wikipedia:ja:こたつ
  • 期間限定で銀枠のカードも使用できる統率者戦では禁止カードに指定された。

[編集] カード名

カード名は『Enter the Dragon(燃えよドラゴン)』のパロディ。また、コンピューターRPGの古典『ウィザードリィ』では、ダンジョンに入る時に「Entering [地名]」と表示されることから、Enterはこのジャンルの決まり文句でもある。

JNRにより認定された準公式訳の「ダンジョン突入」は、同社の『ダンジョンズ&ドラゴンズ』を意識したもの。ダンジョンに突入してモンスター(対戦相手)を倒し、宝物(カード)を手に入れる、といったところだろうか。

[編集] 関連カード

[編集] 参考

QR Code.gif