龍を操る者/Dragon Whisperer

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Dragon Whisperer / 龍を操る者 (赤)(赤)
クリーチャー — 人間(Human) シャーマン(Shaman)

(赤):ターン終了時まで、龍を操る者は飛行を得る。
(1)(赤):ターン終了時まで、龍を操る者は+1/+0の修整を受ける。
圧倒 ― (4)(赤)(赤):飛行を持つ赤の4/4のドラゴン(Dragon)・クリーチャー・トークンを1体生成する。この能力は、あなたがコントロールするクリーチャーのパワーの合計が8以上であるときにのみ起動できる。

2/2

の優秀な小型クリーチャー。2マナ2/2のサイズに加え、3つの起動型能力を持つ。

飛行パワーパンプアップだけ見ても、軽量クロックとしては十分な性能。飛行によって地上ブロッカーは回避できるし、マナをつぎ込めばさらなる打点増強を見込める。パンプアップの強化効率は高くないものの、序盤から中盤以降まで戦力として期待できる。

ドラゴントークンを生成する能力は、圧倒時にしか使えない上に起動コストもかなり重い。しかし、終盤の膠着状態を打破できる意義は大きい。マナが潤沢な場合は2番目の能力でパンプアップして無理やり圧倒条件を満たしてから起動することも考えられる。

序盤から終盤まで活躍できるカードであり、ダブルシンボル支払えるデッキなら採用を検討できる。

[編集] 参考

QR Code.gif