脳髄の渦/Cerebral Vortex

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Cerebral Vortex / 脳髄の渦 (1)(青)(赤)
インスタント

プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを2枚引き、その後脳髄の渦はそのプレイヤーに、そのプレイヤーがこのターンに引いたカードの枚数に等しい点数のダメージを与える。


ドロー本体火力がセットになったインスタント呪文カード引くプレイヤーダメージを与えられるプレイヤーが同じなのが特徴的。

自分に撃つ場合、インスタントの3マナ2ドロー+2点のライフ損失となり、後世に登場した誘惑に負けて/Succumb to Temptation相当となる。ただし、自分のターンドロー・ステップ以降だと3点ダメージになることに注意。対戦相手に撃つこともできるが、カード・アドバンテージを失ってしまう。総じて、電解/Electrolyzeなどに比べると癖が強いカードと言える。

よりよい品物/Greater Goodなどで対戦相手が大量ドローしたところを狙うと強力で、命運の輪/Wheel of Fateなどでこちらから引かせてしまうのも手だろう。また、精神の占有/Psychic Possessionなどで対戦相手のドローをこちらの利益に変えるのも面白い。ターボ星の揺らぎでは追加のエンドカードとして、ハウリング・オウルでもかなりのダメージを狙えることからしばしば採用される。

カード名は大脳皮質(Cerebral cortex)に引っ掛けているのだろう。なお大脳皮質の皴を脳回(Gyrus)というが、これは渦(Vortex)に意味が近い。

[編集] 参考

QR Code.gif