生命力の天使/Angel of Vitality

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Angel of Vitality / 生命力の天使 (2)(白)
クリーチャー — 天使(Angel)

飛行
あなたがライフを得るなら、代わりにあなたはその点数に1を加えた点数のライフを得る。
あなたのライフが25点以上であるかぎり、生命力の天使は+2/+2の修整を受ける。

2/2

ライフの獲得量を増加してくれ、さらにライフが25点以上なら強化される天使野生のグリフィン/Wild Griffin上位互換

3マナにして4/4飛行になれる可能性を秘め、さらに条件達成のサポートまでこなしてくれる。同時収録の翼の司教/Bishop of Wingsなど、お誂え向きのカードも多いため、構築ではライフ獲得に特化したタイプの天使デッキなどを組むなら有力な一枚となる。当然、これ単体では野生のグリフィンでしかないため、単体でのカードパワーの高い他のカードとの取捨選択は重要である。

リミテッドでは、魂癒し人/Soulmender夜明けの司祭/Daybreak Chaplainといった継続的なライフ獲得カードでコツコツと稼ぐと馬鹿に出来ないほどのライフ・アドバンテージを獲得できる。そういったシナジーを盛り込めればなお良いが、野生のグリフィンの時点でフライヤーとして及第点であるため、フレンチ・バニラ扱いでも十分採用できる。

統率者戦双頭巨人戦の場合は初期ライフが25点以上であるため、ゲーム前半に出せれば3マナ4/4フライヤー+αという十二分なスペックとなる。

[編集] ルール

  • あなたがライフを得るイベント1つごとに置換効果が適用される。詳しくはライフ#イベントを参照。
  • 生命力の天使を2体コントロールしているなら、それぞれの能力による置換効果が適用され、得るライフは2点増える。
  • 2つ目の能力は常にあなたのライフをチェックする。戦闘ダメージの結果、生命力の天使に2点の戦闘ダメージが与えられると同時に絆魂によりあなたのライフが25点以上になったなら、状況起因処理のチェックが行われるより先に生命力の天使は4/4になり死亡しない。

[編集] 参考

QR Code.gif