恐ろしき攻撃/Panic Attack

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Panic Attack / 恐ろしき攻撃 (2)(赤)
ソーサリー

クリーチャーを最大3体まで対象とする。それらはこのターン、それではブロックできない。


ブロック制限カード。1ターンの間、最大3体までのブロックを封じる。

リミテッドではこのマナでいけば「必殺技」に近く、エンドカードとなる。だが、構築ではそもそも3マナも消費するなら火力を打ち込んだほうが早い。また地上クリーチャーがゴリ押ししていたマスクス・ブロックでは、活躍は見られなかった。

  • 神河物語では、秘儀版のすさまじい吹雪/Unearthly Blizzardが登場した。
  • のちのアポカリプスで、上位互換秩序+混沌/Order+Chaosが登場した(混沌は同じマナ・コストで、すべてのクリーチャーのブロックを封じる)。
  • なお、"panic attack"とは「不安発作(パニック発作)」のことで、急に原因不明の恐怖感に襲われ、動悸、激しい発汗、呼吸困難、吐き気などの諸症状を催すことを指す。この発作が長期間、循環的に発生する(発作が起こる→不安発作が心配になる→また発作が起こる→……というふうに)のが「パニック障害」(panic disorder)である。誤訳かもしれないが、どちらの訳でもカードの効果には合っている気がする。

[編集] 参考

QR Code.gif