グランプリ京都19

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

グランプリ京都19/Grand Prix Kyoto 2019は、2019年に日本で開催されたスタンダードグランプリ

2日目進出者の使用率では、赤単アグロ(16.9%、タッチ・タッチ含む)とスゥルタイ・ミッドレンジ(16.7%)が2強となり、以下グルール・アグロ(12.1%)、エスパー・コントロール(10.7%)、ティムール再生(8.0%)と続いた(参考)。

グランプリ優勝回数1位タイ(当時)の渡辺雄也が決勝まで駒を進めたものの惜しくも敗れ、単独1位の達成はならなかった。大金星を成し遂げた対戦相手のBae Daekyeungは、グランプリ初出場にして見事優勝の座に輝くこととなった。

[編集] 基本データ

[編集] 上位入賞者

[編集] 参考

QR Code.gif