プロツアー「マジック・オリジン」

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

プロツアー「マジック・オリジン/Pro Tour Magic Originsは、2015年にカナダ・バンクーバーで開催された、スタンダードブースター・ドラフトプロツアー

マジック・オリジンに収録されている新プレインズウォーカー群や個性的な新カードがどう環境に影響を与えるのか注目を集めた今大会。

初日時点での使用者数は、緑赤信心が15.01%で第一位、ケラル砦の修道院長/Abbot of Keral Keep極上の炎技/Exquisite Firecraftなどを獲得した赤単が13.74%で第二位、衰滅/Languishなどを獲得したアブザン・コントロール(アブザン大変異を含む)が11.96%で第三位と、マジック・オリジン以前より活躍していたデッキタイプが3位までには並んだ。新デッキタイプでは、マジックオリジンで多数のパーツを獲得した青赤アーティファクト(8.40%で第四位)やアブザンラリー(6.11%で第七位)などを比較的多くのプレイヤーが用い台風の目となった(参考/翻訳)。

二日目進出者の使用率は、緑赤信心、赤単、アブザン・コントロール、青赤アーティファクトと4位までの順序は変わらない。ただし、デッキタイプごとの二日目進出率を見るとチームChannel Fireballとカナダ勢が合同で組み上げた青赤アーティファクトが非常に優れた成績を残している(参考/翻訳)。

日本勢では、山本賢太郎が初日全勝という好スタートを切り、そのまま予選ラウンドをトップ通過して3度目のプロツアーベスト8進出を果たしプラチナ・レベルに到達した。

最終的に赤単が2プロツアー大会連続で優勝をおさめた。ベスト8に赤単や青赤アーティファクト等の高速アグロが多く残ったため、3日目の生放送は過去最速で終了した。

熾烈な争いとなっていた2014-15年プロツアー・ポイント・ランキングは、青赤アーティファクトを用い準優勝したMike Sigristがランキングごぼう抜きでプレイヤー・オブ・ザ・イヤーとなった。

[編集] 基本データ

[編集] 上位入賞者

[編集] 参考

2015シーズン
世界選手権
ワールドカップ
世界選手権 - ワールド・マジック・カップ大阪予選 - 東京予選 - 名古屋予選
プロツアー プロツアー「運命再編」(ワシントンDC) - プロツアー「タルキール龍紀伝」(ブリュッセル) - プロツアー「マジック・オリジン」(バンクーバー) - プロツアー「戦乱のゼンディカー」(ミルウォーキー)
グランプリ
第1シーズン ボルチモア - ミラノ - デンバー - マニラ - オマハ - 静岡 - サンノゼ - メキシコシティ - セビリア - バンクーバー - メンフィス
第2シーズン マイアミ - リバプール - クリーブランド - オークランド - クラクフ - 京都 - サンパウロ - トロント - アトランティックシティ - パリ - フィレンツェ - 上海
第3シーズン モダンマスターズ・ウィークエンド(ラスベガス - ユトレヒト - 千葉
- シャーロット - プロビデンス - コペンハーゲン - シンガポール - ブエノスアイレス - モントリオール - リール - ダラスフォートワース - サンディエゴ - 香港 - デトロイト - ロンドン
第4シーズン プラハ - サンティアゴ - オクラホマシティ - マドリード - マディソン - シドニー - ケベックシティ - 北京 - リヨン - ポルトアレグレ - インディアナポリス - シアトルタコマ - アトランタ - ブリュッセル - 神戸 - ピッツバーグ
その他 SSSチャンピオンシップ - ヴィンテージ - レガシー
1995-19961996-19971997-19981998-19991999-20002000-20012001-20022002-20032003-20042004-2005200620072008200920102011201220132014201520162017
QR Code.gif