遊戯王OCG

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

遊戯王OCGは、KONAMIによって製作・販売されているトレーディングカードゲームである。

詳細はwikipedia:ja:遊戯王OCGを参照のこと。

[編集] 概要

週刊少年ジャンプに連載された漫画「遊☆戯☆王」に登場した、マジック:ザ・ギャザリングをモチーフとしたカードゲーム、「マジック&ウィザーズ」をモチーフにしたカードゲームである。

1999年2月に「遊☆戯☆王OCG デュエルモンスターズ」として発売されて以来、2008年3月に「遊☆戯☆王5D's OCG」、2011年3月に「遊☆戯☆王ZEXAL OCG」、2014年3月に「遊☆戯☆王ARC-V OCG」とタイトルを変更し、現在に至るまで世界各国で販売されている。原作漫画の連載終了後も高い人気を誇り、10年を超えるロングセラーとなっている。2009年7月には、ギネス・ワールド・レコード社より、「世界で最も販売枚数の多いトレーディングカードゲーム」としてギネス世界記録に認定された。2009年4月時点の累計販売枚数は225億枚を突破している。

マジックのようにプロツアーなどは存在しないが、公認大会は各地で行われており、毎年世界選手権も開催されている。また、マジックと同じく、コレクターとして楽しむ人もいる。

[編集] 特徴

マジックとの最大の相違点は、カードを使うのにマナ・コストが無いことである。そのためTCGの経験が無い者には敷居が低い。反面、カードのパワーバランスを取るのが難しく、環境が高速になりやすい。 マジックのクリーチャーに当たる「モンスター」に召喚酔いがなくゲームの主戦力であるため、ビートダウンの傾向が強いのも特徴である。

また、マジックのカードをモチーフとしてデザインされたカードも多い。

[編集] 参考

QR Code.gif