分散の技師/Dispersal Technician

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Dispersal Technician / 分散の技師 (4)(青)
クリーチャー — ヴィダルケン(Vedalken) 工匠(Artificer)

分散の技師が戦場に出たとき、アーティファクト1つを対象とする。あなたはそれをオーナーの手札に戻してもよい。

3/2

CIP能力アーティファクト手札に戻せる工匠厳格な試験監督/Stern Proctorなどと違い手札に戻すのは任意で、純粋なメリット能力となっている。

5マナにしては小型回避能力などもなくマナレシオは劣悪。リミテッドでもあまり積極的に使いたいサイズではないが、対戦相手機体を戻せばそこそこテンポは稼げるので数合わせにはなる。自身のアーティファクトを戻してCIP能力を使いまわしたり、紛争条件を満たすこともできる。アーティファクト・トークンに対しては確定除去として働くのは覚えておこう。

[編集] 参考

QR Code.gif