ムウォンヴーリーの獣記し/Mwonvuli Beast Tracker

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Mwonvuli Beast Tracker / ムウォンヴーリーの獣記し (1)(緑)(緑)
クリーチャー — 人間(Human) スカウト(Scout)

ムウォンヴーリーの獣記しが戦場に出たとき、あなたのライブラリーから接死か呪禁か到達かトランプルを持つクリーチャー・カードを1枚探し、それを公開する。あなたのライブラリーを切り直し、そのカードをその一番上に置く。

2/1

CIPで、の得意とする4種類のキーワード能力接死呪禁到達トランプル)のいずれかを持つクリーチャーサーチしてライブラリーの一番上に置くクリーチャー。

守勢に回りたいときは接死や到達もちを、攻勢に出たいときはトランプルや呪禁もちなど融通が利くが、あらかじめ全種類呼び出せるようにデッキを作ると中途半端になる恐れがある。特定のキーとなるクリーチャーを呼び出すのに使うのがよいだろう。

リミテッドならこれらすべての各能力を持つクリーチャーたちをデッキに入れることは容易いし、フィニッシャーの水増しにも使える。

[編集] ストーリー

Mwonvuli Beast Trackerジャムーラ/Jamuraa大陸北西部にあるムウォンヴーリー/Mwonvuliのジャングルの「獣を追って捕らえる者(Beast Tracker)」である(イラスト)。

  • 日本語版カード名では「獣記し」と変わった日本語化がされている。「Tracker」とは「追跡する者・追跡して捕らえる者・痕跡を追う者」のこと、カードの先例には「追跡者・足跡追い」がある。このカードのイラストとメカニズム共に、獣を追って捕縛する者として描かれている。

[編集] 参考

QR Code.gif