ノームの力で/By Gnome Means

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ノームの力で/By Gnome Means (2)(白)
エンチャント

(1)(白),あなたがコントロールしているパーマネント1つからカウンター1個を取り除く:無色の1/1のノーム・アーティファクト・クリーチャー・トークンを1体生成する。
(1)(白),アーティファクト1つを生け贄に捧げる:パーマネント1つを対象とする。印刷されたカードが参照している任意の種類のカウンターを選び、そのパーマネントの上にそのカウンターを1個置く。

アーティスト:Sean Murray


小型装置団/Order of the Widgetカウンター1個とノームトークン1個をやり取りするエンチャント

古くを辿ればテトラバス/Tetravusに繋がる、割とよく見かけるデザインではあるが、「どんな種類のカウンターでも、好きなパーマネントの上に置ける」という点が画期的。「賄賂カウンター」を対価なしにバラまいて成金、グヮファ・ハジード/Gwafa Hazid, Profiteerで押さえ込んだり、「聖句カウンター」を量産して聖句札の死者/Phylactery Lichを真に不死身にしたり、「永劫カウンター」を水の帳、マゴーシ/Magosi, the Waterveilに乗せてお手軽に追加ターンを得たりと、コンボのアイディアには事欠かない。

また地味ながら、コンボに限らず戦闘の場面でもやり手。ノーム・トークンをチャンプブロックさせ、戦闘ダメージが与えられる前に+2/+2カウンター-2/-1カウンターと言った若干修整の大きな+X/+Yカウンターに変換することで、非常に優秀なコンバット・トリックとして機能するのだ。このことからリミテッドでも高得点のカードとして扱える。

例によって倍増の季節/Doubling Seasonと相性良好。色の役割の拡大でにも類似カードの選定された行進/Anointed Processionが登場したのは追い風と言えるか。

  • 一見普通そうに見えるが、実際は自由度が高すぎて非常に危険なカードである。銀枠でしか許されない黒枠的カードと言ったところか。
  • パーマネントの上にしか置くことはできないので、待機しているカード時間カウンターを置いたり、プレイヤー毒カウンターなどを与えたりすることはできない。
  • カード名はおそらく「by no means(絶対に〜〜ではない)」とノームをかけたものだろう。

[編集] 参考

QR Code.gif