チャクラムの投げ手/Chakram Slinger

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Chakram Slinger / チャクラムの投げ手 (4)(赤)
クリーチャー — 人間(Human) 戦士(Warrior)

《チャクラムの受け手/Chakram Retriever》との共闘(このクリーチャーが戦場に出たとき、プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは「自分のライブラリーから《チャクラムの受け手/Chakram Retriever》を自分の手札に加え、その後切り直す。」を選んでもよい。)
(赤),(T):プレイヤー1人かプレインズウォーカー1体を対象とする。チャクラムの投げ手はそれに2点のダメージを与える。

2/4

チャクラムの受け手/Chakram Retriever共闘する人間戦士

赤マナを込めたチャクラムを投擲し、プレイヤープレインズウォーカーダメージを与える起動型能力を持つ。本体は5マナ2/4と防御的なスペックだが、CIPカード・アドバンテージを獲得できるだけでもリミテッドではまずまずの性能。登場後は地上を支えつつブロッカーを無視してじわじわとライフを攻め、ダメージレースを優位に進めることができる。とはいえ双頭巨人戦共用ライフの初期値は30点であり、この能力だけで削り切るのは困難。然るべき戦力を逐次投入するのは勿論のこと、相方の能力を利用して何度も能力を起動していきたい。

  • チャクラムとは薄い金属の輪の外側に刃を付けた投擲武器。創作においては投擲後ブーメランのように戻ってくる描写がされることがあるが、現実では自動で戻ってくることはあり得ず投げっぱなしである。この投げ手は「受け手」と協力することで再投擲を可能としているようだ。また武器の形状も金属の輪ではなく玩具のフライングディスクのようなものになっており、ドッグスポーツに着想を得ていることが伺える。
    • 受け手が不在のときは自分で拾いに行っているのだろう。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

バトルボンドの「[カード名]との共闘」を持つアンコモンクリーチャーサイクル。いずれも組み合わせは対抗色となっている。

[編集] 参考

QR Code.gif