スリヴァーの首領/Sliver Overlord

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Sliver Overlord / スリヴァーの首領 (白)(青)(黒)(赤)(緑)
伝説のクリーチャー — スリヴァー(Sliver) ミュータント(Mutant)

(3):あなたのライブラリーからスリヴァー(Sliver)・カードを1枚探し、それを公開した上であなたの手札に加える。その後あなたのライブラリーを切り直す。
(3):スリヴァー1つを対象とし、そのコントロールを得る。(この効果は永続する。)

7/7

スリヴァーの女王/Sliver Queenに代わって登場した伝説のスリヴァーミュータント。今回はトークンを生み出すのではなく本物のスリヴァーをサーチできるようになり、他のプレイヤーのスリヴァーのコントロールを奪えるようになった。

スリヴァーのサーチによって、スリヴァーデッキの持ち味である相互支援を強力にサポートできる。相手のスリヴァーのコントロールを得られるので、不毛な戦いになりがちだったミラーマッチも、これが出れば勝ったも同然。ただし、現在のレジェンド・ルールでは両者ともにコントロールできるため、登場当時よりも優位は若干失われている。また、スリヴァーデッキによく採用される水晶スリヴァー/Crystalline Sliverがいると奪えなくなるのは注意。

映像の造形者/Imagecrafterなどで相手クリーチャーをスリヴァーにして奪うというコンボが可能。しかし、残念ながらファンデッキ止まりであった。そもそも相手クリーチャーのコントロールを奪うだけで5色も使うコンボはいささか大げさすぎたということだろう。

[編集] 開発秘話

デザイン段階では、テンペストコモンのスリヴァーサイクルすべての能力を共有する能力や、自身を生け贄に捧げ対象のスリヴァー・レジェンド(現在の伝説のスリヴァー)1体に+13/+13の修整を与える能力が考案されていた。(→Desighning Legends参照)

[編集] ストーリー

フレイバー・テキストで「最終進化形」と称されるこのキャラクターについての詳細はスリヴァーの首領/Sliver Overlord (ストーリー)を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif