シガルダ/Sigarda

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

シガルダ/Sigardaイニストラード・ブロックおよびイニストラードを覆う影ブロックのキャラクター。カードとしてはアヴァシンの帰還鷺群れのシガルダ/Sigarda, Host of Heronsが初出。

目次

[編集] 解説

イニストラード/Innistrad天使の飛行隊の一つ、空翔ける白鷺/The Flight of Heronsの長。女性。

鎧と、裾がいくつにも裂けた緑の衣を身に纏っている。武器は鷺の頭部を象った大鎌(イラスト)。

シガルダとブルーナ/Brunaギセラ/Gisela、今は亡き天使の4人は同じ夜明けの中で同一の根源から生まれた存在であり、互いを姉妹と見なしている。

[編集] 経歴

[編集] 過去

かつてシガルダたち3人にはもう1人の姉妹がいた。彼女は4人の中で最年長かつ最も強大だったが、強情な性格で、吸血鬼/Vampire、魔女、小悪魔といった悪い仲間と交わる傾向にあった。シガルダたちは姉を時に疑い、時に嫌ったが、それでも4人の間には姉妹としての絆があった。

だが約1000年前、姉が1体の悪魔の王と同盟を結んだことが決定的な亀裂を生んだ。アヴァシン/Avacynは彼女を異端者と宣告した。シガルダたち3人もアヴァシンに賛同したが、聖戦には加わらなかった。アヴァシンは独りで姉と彼女に従う天使たちを滅ぼした。

[編集] 空ろな、無慈悲な目をしたものが/A Gaze Blank and Pitiless

曇天の冬の日、ケッシグ/Kessig州の森の塔にあるシガルダの私室を、ブルーナとギセラが訪れた。シガルダは1週間前にギセラから招集を受けていたが、ケッシグの共同体の再建で忙しく、それに応じられなかったのだ。杖と剣を構え、自分を挟むように立つ2人の不穏な空気をシガルダは訝しんだ。2人は自分を攻撃する気なのだろうか?

そこへアヴァシンが現れた。シガルダはその奇妙な様子に気づいた――手に持つ槍の先端が歪んでおり、白一色であるはずの瞳が時折真っ黒に染まる。アヴァシンは彼女に告げた。間もなく「偉大なる行い」が為される。私たちは今まで怪物たちを罪あるものとして殺してきたが、自然を破壊し、互いに騙し合い殺し合う人間もまた罪深き怪物なのだと。

シガルダは困惑と嫌悪感を覚えた。人間は確かに悪行に走りやすい、作為不作為を問わず。だが彼らは愛し、築き上げることができる者たちでもある。人間は善行も悪行も自由に選ぶことができ、その自由こそが善行を価値あるものにしている、それが彼女の考えだった。彼女は言葉を返すことができなかったが、アヴァシンは構わず続けた。ブルーナとギセラも今や真実を悟った、シガルダの力も必要になるだろう。私たちは真の光を、暴力も戦争も闇もない平和な世界を創るのだと。

3人が去った後、シガルダは涙を流した。死んだ姉を思い、1000年前、自分が姉と戦わなかったことを悔やんだ。白鷺の天使たちは、そして人間たちは、アヴァシンに立ち向かってくれるだろうか。いや、味方がどれほど少なくとも構わない――今度こそ、私は戦う。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] カード名に登場

異界月
シガルダの助け/Sigarda's Aidシガルダ教の僧侶/Sigardian Priest

[編集] フレイバー・テキストに登場

イニストラードを覆う影
邪悪の暴露/Expose Evil
異界月
悪夢の声、ブリセラ/Brisela, Voice of Nightmares、シガルダの助け/Sigarda's Aid、スレイベンの軍旗手/Thraben Standard Bearer優雅な鷺の勇者/Heron's Grace Champion

[編集] イラストに登場

異界月
シガルダの助け/Sigarda's Aid

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] 参考

QR Code.gif