ブルーナ/Bruna

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ブルーナ/Brunaイニストラード・ブロックおよびイニストラードを覆う影ブロックのキャラクター。カードとしてはアヴァシンの帰還雪花石を率いる者、ブルーナ/Bruna, Light of Alabasterが初出。

目次

[編集] 解説

イニストラード/Innistrad天使の飛行隊の一つ、空翔ける雪花石/The Flight of Alabasterの長。女性。

華奢な体格で、青と白の軽装の鎧、そして流れるような絹の衣を身に纏っている。武器は杖(イラスト)。

ブルーナとギセラ/Giselaシガルダ/Sigarda、今は亡き天使の4人は同じ夜明けの中で同一の根源から生まれた存在であり、互いを姉妹と見なしている。

[編集] 経歴

[編集] 空ろな、無慈悲な目をしたものが/A Gaze Blank and Pitiless

曇天の冬の日、ケッシグ/Kessig州の森の塔にあるシガルダの私室を、ブルーナとギセラが訪れた。ギセラは1週間前にシガルダに招集をかけていたが、彼女はケッシグの共同体の再建で忙しく、それに応じられなかったのだ。杖と剣を構え、自分を挟むように立つ2人の不穏な空気をシガルダは訝しんだ。2人は自分を攻撃する気なのだろうか?

そこへアヴァシンが現れた。彼女はシガルダに告げた。間もなく「偉大なる行い」が為される。私たちは今まで怪物たちを罪あるものとして殺してきたが、自然を破壊し、互いに騙し合い殺し合う人間もまた罪深き怪物なのだ。時間はかかったが、ブルーナとギセラも今やこの真実を悟ったのだと。2人はそれを肯定した。アヴァシンはシガルダに理解と協力を求め、2人を連れて飛び去った。

[編集] エムラクール、来たる/Emrakul Rises

彼女の精神はさらに歪み、肉体すらも変質していった。そしてとうとうエムラクール/Emrakulがイニストラードに姿を現したとき、ブルーナとギセラは一体化し、異形の天使、ブリセラ/Briselaへと生まれ変わった。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] フレイバー・テキストに登場

アヴァシンの帰還
正義の一撃/Righteous Blow

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] 参考

QR Code.gif