カラスの嵐雲/Crow Storm

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

カラスの嵐雲/Crow Storm (2)(青)
ソーサリー

《嵐雲のカラス/Storm Crow》という名前で飛行を持つ青の1/2の鳥(Bird)・クリーチャー・トークンを1体生成する。
ストーム(あなたがこの呪文を唱えたとき、このターンにこれより前に唱えられた呪文1つにつきこれを1回コピーする。)

アーティスト:YW Tang


嵐雲のカラス/Storm Crowキーワード能力ストームをかけたシャレ。嵐雲のカラスと同名・同性能のトークン生成するソーサリー

ルール文章自体はしごく真っ当であり、黒枠にも巣穴からの総出/Empty the Warrensというほぼ同じ内容のカードがすでに存在する。実在のカードと同名のトークンを生成するという特徴もあるが、既に何度か使われたデザインであり目新しさはない。そのため一見ジョークとしての飛ばしっぷりは控えめではある。

逆に言うと、各種フォーマットで活躍し、一部では禁止カードにもなっている巣穴からの総出と同等の性能というわけで、カードパワーは折り紙付き。打点こそ下がっているが、トークンがタフネス2のうえ飛行持ちになり、しかもがストーム系ギミックを大得意とするになっている。総合的には強化されていると言ってよく、もし黒枠で存在していればそれこそ笑えない事態になっていただろう。ストーム値の名前の由来たるストームは、存在自体が銀枠級に壊れたメカニズムだったのだ、というR&Dの反省や自虐が垣間見える一枚である。

[編集] 開発秘話

海外では、嵐雲のカラスはネタ的な人気があり(嵐雲のカラス/Storm Crowの項も参照)、「嵐雲のカラスを生成するストーム呪文」という冗談がずっと流行っていたのを実現したものである。[1]

  • デベロッパー黒枠に入れられるか尋ねたところ、入れるつもりなら非常に保守的(控えめな性能)にする必要があり、プレイヤーが見て最悪だと思うようなカードになるだろうという回答だった。メカニズム的には銀枠らしからぬ能力だが、Unstableに入れることによって、より挑戦的な、プレイヤーが望む形のカードを提供できるようになった。

[編集] フレイバー・テキスト

ネタクリーチャーらしからぬ、対句と押韻を交えた詩的なフレイバー・テキストが与えられた。

  • 1行目のcrowは「カラス」という意味の名詞。2行目は「(雄鶏が)鳴く、(赤ん坊が喜んで)叫ぶ」等を意味する動詞。
  • 「boon for a birder(鳥撃ちにとっては恩恵)」とあるので、嵐雲のカラスはトークン・カード共々撃墜される運命にあるようだ。
  • 2行目のMurderは「殺人的」と同時に「カラスの群れ」を意味する掛詞である。カラスの群れ/Murder of Crowsも参照。
Storm crow lonely, boon for a birder.
Storm crows together, likely a murder.
嵐雲のカラスは孤独、鳥狩りの恵み。
嵐はともに鳴く、まるで殺し屋のように。

[編集] 参考

  1. 『Unstable』のスクラップ その1
QR Code.gif