カターリの爆撃兵/Kathari Bomber

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Kathari Bomber / カターリの爆撃兵 (1)(黒)(赤)
クリーチャー — 鳥(Bird) シャーマン(Shaman)

飛行
カターリの爆撃兵がプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えたとき、赤の1/1のゴブリン(Goblin)・クリーチャー・トークンを2体生成し、カターリの爆撃兵を生け贄に捧げる。
蘇生(3)(黒)(赤)((3)(黒)(赤):このカードを戦場に戻す。そのクリーチャーは速攻を得る。次のターン終了ステップの開始時か、それが戦場を離れる場合に、それを追放する。蘇生はソーサリーとしてのみ行う。)

2/2

ジャンドグリクシスのメカニズムを併せ持つクリーチャー黒赤にしてはめずらしい3マナ2/2の高コスト・パフォーマンスフライヤーだが、プレイヤー戦闘ダメージを与えると、1/1のゴブリンクリーチャートークン2体を残して消えてしまう、歩く火力のような性質を持つ。

蘇生も含めると、これ1枚でトークンを4体生成することができるため、貪食の餌を大きく増やすことができる。

構築では、同ブロックに同じ点数で見たマナ・コストで高性能な歩く火力の地獄の雷/Hell's Thunderが存在しており、このクリーチャーのアタッカーとしての評価はやや厳しい。入れるならばトークン生成の能力を目当てにするべきだろう。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

アラーラ再誕の隣接する2断片のメカニズムを併せ持ったコモンの2色カードサイクル

カターリの爆撃兵/Kathari Bomber貪食そのものではなく、貪食の餌となるゴブリントークンを出す。蘇生と貪食はディスシナジーが大きいため、サイクルの統一性を少し崩し、このような蘇生とシナジーを形成する能力になった。(→Alara Reborn – But Is It Art?参照)

[編集] 参考

QR Code.gif