アヴァブルックの町長/Mayor of Avabruck

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Mayor of Avabruck / アヴァブルックの町長 (1)(緑)
クリーチャー — 人間(Human) アドバイザー(Advisor) 狼男(Werewolf)

あなたがコントロールする他の人間(Human)クリーチャーは+1/+1の修整を受ける。
各アップキープの開始時に、直前のターンに呪文が唱えられていなかった場合、アヴァブルックの町長を変身させる。

1/1
Howlpack Alpha / 吠え群れの頭目
〔緑〕 クリーチャー — 狼男(Werewolf)

あなたがコントロールする他の狼男(Werewolf)か狼(Wolf)である各クリーチャーはそれぞれ+1/+1の修整を受ける。
あなたの終了ステップの開始時に、緑の2/2の狼クリーチャー・トークンを1体生成する。
各アップキープの開始時に、直前のターンにプレイヤー1人が2つ以上の呪文を唱えていた場合、吠え群れの頭目を変身させる。

3/3

人間ロードから狼男のロードに変身する狼男。第2面はさらに狼・クリーチャートークンの生成能力も持つ。

一見ロードとしては不安定なようだが、イニストラードの狼男は全員が同じ変身条件を持っているため、基本的に全員が常に同じ面を上向きにしていると考えてよいので、実際には第1面でも第2面でも狼男のロードになる。また狼男は全員、第1面状態でも狼男のクリーチャー・タイプを持つため、このカードが第2面状態のときに後から戦場に出て第1面を向いた狼男も強化の恩恵を受けられるため、隙は少ないといえる。

第2面は毎ターン実質3/3のトークンを量産するため、単体でもかなりの脅威。変身したらしたで強力だと割り切って、狼男を用いない人間デッキで採用する手もある。本体は1/1と貧弱ではあるが、2マナのロードは貴重。ただしその場合、変身して人間への強化が失われても困らないようにしたい。たとえばモダンでは狼トークン生成能力をもつ人間である野生の狩りの達人/Master of the Wild Huntと共に使うとよいだろう。同ブロックではケッシグの檻破り/Kessig Cagebreakersスタンダードなら肉体と精神の剣/Sword of Body and Mindなどが選択肢に入るか。

  • このカードが第2面になった後から戦場に出た狼男は第1面でも強化が受けられるが、逆に戦場の狼男が全員第2面のときにこのカードが戦場に出た場合、ロードとして機能しない(狼男は第2面になると「人間」のクリーチャー・タイプを失っているものばかりのため)。このカードを真っ先に戦場展開できるようデッキを工夫したい。
  • 「Alpha/アルファ」とは、序列のある群れを作る動物(特にオオカミと、その性質を残したイヌ)における群れの第1位、リーダーのこと。昼間の顔は人間社会の長、夜の顔は狼男の群れの長というわけである。
  • 人間というクリーチャー・タイプが出現して以来、初の人間のロードである。
  • イニストラードプレリリース・トーナメントプレリリース・カードである。

[編集] 参考

QR Code.gif