DIY熾天使/Do-It-Yourself Seraph

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

DIY熾天使/Do-It-Yourself Seraph (4)(白)(白)
アーティファクト・クリーチャー ― サイボーグ(Cyborg) 天使(Angel)

飛行
DIY熾天使が攻撃するたび、あなたは「あなたのライブラリーからアーティファクト・カード1枚を探し、それを追放し、あなたのライブラリーを切り直す」を選んでもよい。
DIY熾天使は、これ自身のものに加え、DIY熾天使によって追放された各カードの文章欄を持つ。
透かし:小型装置団/Order of the Widget

4/4


どんなアーティファクトでもDIYする能力を持つサイボーグ天使

能力は解説するまでもなく凶悪であり、とりあえずアクローマの記念碑/Akroma's Memorial鋼の風のスフィンクス/Sphinx of the Steel Wind荒廃鋼の巨像/Blightsteel Colossusなどでキーワード能力を山盛りにし、ダメ押しに白金の天使/Platinum Angelを追加すればまず勝利は揺るがないだろう。銀枠カードコレクターならGleemaxMox Lotusで手っ取り早く蹂躙でき、組み合わせによって様々な戦法がとることができる。攻撃するまでのタイムラグを速攻付与などで補えるとベスト。

Unstableリミテッドでももちろん強力。ただし除去耐性を付与できるアーティファクトは意外と少なく、自身がアーティファクト・クリーチャーであることもあってアッサリ撃墜されることもある点には注意が必要。

[編集] ルール

  • カード文章欄を持つ」とは、そのカードのルール文章注釈文フレイバー・テキスト透かしを得ることを意味する。
    • ルール文章に書かれた元のカードのカード名は、DIY熾天使と読み替えて扱う。
    • DIY熾天使が複数の文章欄を持つようになるわけではなく、すべての文章欄を統合した1つの文章欄を持つものとして扱う。
    • 文章に重複や矛盾が生じ、意味のない文章になる場合がある。その場合でも、その文章は削除されたりせず、依然として持ち続ける。
      • 重複に意味がある場合とない場合がある。例えば魂の絆能力は複数持っていればその数だけ効果を発揮するが、絆魂は複数持っていても1つの場合と機能は変わらない。
      • 矛盾がある場合(P/Tを定義する特性定義能力を2つ得たときなど)は、もっとも新しい文章欄から得た能力が優先される。
      • 透かしなどを複数持つこともある。「透かしを持つカードの枚数」を参照する場合は、DIY天使がいくつの透かしを持っていても、1枚と数える。「カードが持つ透かしの数」を参照する場合は、持っている数を数える。
  • 攻撃するたびの誘発型能力と文章欄を得る常在型能力関連している能力である。前者の能力以外によって追放されたカードの文章欄を持つことはない。
  • 同様に、得た文章欄のそれぞれの関連した能力に注意。詩神の器/Muse Vessel獄庫/Helvaultの文章欄を得た場合、詩神の器の文章欄の2つ目の能力でプレイに戻るのは詩神の器の能力で追放したカードのみであり、獄庫の誘発型能力で戦場に戻るのは獄庫の能力で追放したカードだけである。

[編集] 参考

QR Code.gif