先攻

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
1行: 1行:
 
'''先攻'''/''Play First''とは、最初に[[ターン]]を始めることやそれを行う[[プレイヤー]]を指す。対義語は[[後攻]]。
 
'''先攻'''/''Play First''とは、最初に[[ターン]]を始めることやそれを行う[[プレイヤー]]を指す。対義語は[[後攻]]。
*余談だが、[[中国語版]]では[[先制攻撃]]をこう書く。
+
*余談だが、[[中国語版]]では[[先制攻撃]]をこう{{Gatherer|id=210998|書く}}。
 
*[[マジック]]に限らず、[[トレーディングカードゲーム]]全般ではいつからか「先行」という表記をするプレイヤーも目立つようになった。
 
*[[マジック]]に限らず、[[トレーディングカードゲーム]]全般ではいつからか「先行」という表記をするプレイヤーも目立つようになった。
  
13行: 13行:
 
;第1ゲーム(もしくは[[BO1]])
 
;第1ゲーム(もしくは[[BO1]])
 
:[[認定大会]]における決勝ラウンドでは、スイスラウンドにおける上位のプレイヤーが決定権を持つ。
 
:[[認定大会]]における決勝ラウンドでは、スイスラウンドにおける上位のプレイヤーが決定権を持つ。
:そのような状況を除けば、[[じゃんけん]][[コイン投げ]]、[[ダイス]]ロールなど、'''互いに納得できる手法'''であれば好きな方法で決定してよい。
+
:そのような状況を除けば、[[ダイス]]ロールや[[コイン投げ]]、[[じゃんけん]]など、'''互いに納得できる手法'''であれば好きな方法で決定してよい。
 
:*完全な無作為性が重視されるわけではない点に注意。例えば[[ライフカウンター#スピンダウンカウンター|スピンダウンカウンター]]は対面の和がバラバラだが、互いに納得すれば用いることができる。[[ライフカウンター#スピンダウンカウンター|スピンダウンカウンター]]も参照。
 
:*完全な無作為性が重視されるわけではない点に注意。例えば[[ライフカウンター#スピンダウンカウンター|スピンダウンカウンター]]は対面の和がバラバラだが、互いに納得すれば用いることができる。[[ライフカウンター#スピンダウンカウンター|スピンダウンカウンター]]も参照。
  

2022年1月15日 (土) 16:49時点における最新版

先攻/Play Firstとは、最初にターンを始めることやそれを行うプレイヤーを指す。対義語は後攻

先攻を行うプレイヤーを開始プレイヤー/Starting Playerと呼ぶ。多人数戦において開始プレイヤーでないプレイヤーはすべて後攻扱いとなる。

[編集] 先攻・後攻の決定

ゲームを開始するにあたって、デッキ切り直した後、初期手札引く前に、プレイヤーは先攻・後攻を決める。

複数のゲームからなるマッチBO3など)では、第1ゲームとそれ以降で決め方が異なるため以下に差異を記す。

第1ゲーム(もしくはBO1
認定大会における決勝ラウンドでは、スイスラウンドにおける上位のプレイヤーが決定権を持つ。
そのような状況を除けば、ダイスロールやコイン投げじゃんけんなど、互いに納得できる手法であれば好きな方法で決定してよい。
第2ゲーム以降
直前のゲームの敗者が決める。ただし、直前のゲームが引き分けだった場合は、直前のゲームで先攻・後攻を決定したプレイヤーが再び決定権を持つ。

[編集] プレイかドローか

先攻のプレイヤーは、最初のターンのドロー・ステップ飛ばす(ただし多人数戦では、双頭巨人戦などの例外を除きこのルールは適用されないことが多い)。

基本的に「カード1枚の差」よりも「先にプレイできる」ことの方が利点となる場合が多いため、先攻の方が好まれる傾向にある。ただし、状況によっては敢えて後攻を選ぶことも考えられる。

  • 先攻をプレイ、後攻をドローと呼び、合わせて"Play or Draw"と呼ぶこともある。チャット略語の"P/D"という表現はここから来ている。
  • 先攻・後攻の決定権を持つプレイヤーが宣言をせずに手札を見た場合、先攻を選んだものとみなすとマジック・イベント規定で定められている。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20220429.0


QR Code.gif