魅惑的な一瞥/Captivating Glance

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Captivating Glance / 魅惑的な一瞥 (2)(青)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
あなたの終了ステップの開始時に、対戦相手1人と激突を行う。あなたが勝った場合、エンチャントされているクリーチャーのコントロールを得る。そうでない場合、そのプレイヤーがエンチャントされているクリーチャーのコントロールを得る。(激突を行う各プレイヤーは、自分のライブラリーの一番上のカードを公開し、そのカードを一番上か一番下に置く。自分のカードの点数で見たマナ・コストの方が大きいプレイヤーが勝つ。)


コントロール奪取系のオーラだが、これは少々変わっている。あなた終了ステップ激突を行い、その結果によってコントロールが行ったり来たりする。

説得/Persuasionと比べて2マナ軽いのはよいが、つけてすぐには奪えない上に、奪えるか、それを維持できるかも運任せで不安定極まりない。安定して奪い続けるためにはライブラリー操作を駆使するなど、ひと手間かかってしまう。

構築では、深刻なデメリットを抱えたクリーチャーを押し付けるという使い方も考えられる。

  • コントロールの移動は誘発型能力による単発の継続的効果である。これが外れてもコントロールは戻らない。そのため、バウンスエンチャント破壊と組み合わせれば、比較的安定した効果を得られる。
  • 激突を行うのは魅惑的な一瞥のコントローラーの終了ステップであって、エンチャントされているクリーチャーのではない。
  • 激突からコントロール移動まではひとつの誘発型能力である。激突の結果を見てから対応して生け贄に捧げるなどはできない。
  • 激突を行う対戦相手は、そのクリーチャーの(元の)コントローラーでなくてもよい。多人数戦では他の対戦相手を指定するだけで、激突の結果によらず、シナジーを崩したりもできる。
  • このような、コントロールが行ったり来たりする効果は、くじけた忠誠/Fractured Loyalty権利争い/Custody Battleなど、本来に多かった効果である。
    • 何度もコントロールの移動が行われるカードはプーカの悪戯/Puca's Mischiefとの相性がかなり良い。これ自体を交換しても大したデメリットもなく、相手から奪ったクリーチャーと何かを交換したり、さらに毎ターン終了時にコントローラーが更新されるので激突に勝ち続ければ何度も交換に出すことができる。

[編集] 参考

QR Code.gif