魂の目覚め/Rousing of Souls

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Rousing of Souls / 魂の目覚め (2)(白)
ソーサリー

協議 ― 各プレイヤーはそれぞれ自分のライブラリーの一番上のカードを公開する。これにより公開された土地でないカード1枚につき、あなたは飛行を持つ白の1/1のスピリット(Spirit)・クリーチャー・トークンを1体生成する。その後、各プレイヤーはそれぞれカードを1枚引く。


協議により飛行を持つスピリットクリーチャートークン戦場に出す呪文

協議の性質上、生み出す数が不安定であり、かつハンド・アドバンテージ面での損失が生まれてしまうものの、手札を減らさずに使えるキャントリップ呪文のような扱いができるため、最悪1体だけでも得られればそこまで悪くはない。

2人対戦では最大で2体だけであり、空振りの可能性もあるため、素直に深夜の出没/Midnight Hauntingなどを用いたほうが無難。

一方、本来の主戦場たる多人数戦おいては小型フライヤーが複数出る可能性が高く(詳細は協議のページ参照)、ブロッカークロックとしてなかなか侮れないカードである。特にコンスピラシードラフトでは無形の美徳/Intangible Virtueとのシナジーが凶悪。他の多人数戦ルールでもなかなか優秀であり、特にアーチエネミー戦ではチーム側に大きなアドバンテージをもたらしてくれる。

[編集] 参考

QR Code.gif