略奪の爆撃/Raid Bombardment

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Raid Bombardment / 略奪の爆撃 (2)(赤)
エンチャント

あなたがコントロールするパワーが2以下のクリーチャーが攻撃するたび、略奪の爆撃はそれが攻撃しているプレイヤーかプレインズウォーカーに1点のダメージを与える。


パワーが低いクリーチャー攻撃を強化するカード

攻撃した時点でダメージを与える能力誘発するため、相手クリーチャーによるブロックレンジストライク戦闘ダメージ軽減などに邪魔されることなく確実に対戦相手プレインズウォーカーにダメージを与えられる。

単体のパワーが低い代わりに大量にクリーチャー・トークンを発生させるカードと相性がよい。エルドラージ覚醒ではパワーが0のエルドラージ落とし子クリーチャートークン生成するカードが多く存在し、数がそろうと馬鹿にならないダメージを与えることができる。

Pauperでは、これをキーカードにしたデッキが作られるほどのポテンシャルを持つが、トーナメントレベルには今一歩である。

[編集] ルール

  • 複数のパワー2以下のクリーチャーが攻撃したのなら、その数だけ能力は誘発する。
  • ダメージを与えられるのは、能力を誘発させたクリーチャーが攻撃しているプレイヤーかプレインズウォーカーのみである。プレイヤーを攻撃したクリーチャーによって誘発した能力でそのプレイヤーがコントロールするプレインズウォーカーにダメージを与えることは出来ないし、逆も不可能である。
  • 略奪の爆撃の能力によって攻撃先のプレインズウォーカーの忠誠度が0になり戦場を離れても、クリーチャーは依然として攻撃クリーチャーのままである。防御プレイヤーがそのクリーチャーをブロックすることも可能。ブロックされなかった場合、そのクリーチャーは単に戦闘ダメージを与えない。
  • 能力が誘発した後にクリーチャーのパワーが2を超えても、誘発した能力が消滅することはない。
    • ただし、誘発型能力はイベントが起こった直後の状況を見るため(CR:603.10)、常在型能力によって攻撃クリーチャーのパワーが2を超える場合は能力が誘発しないことに注意。例えば戦の角笛/War Hornがあるときに通常のパワーが2であるクリーチャーが攻撃したり、アダントの先兵/Adanto Vanguardでは「パワーが3のクリーチャーが攻撃した」というイベントになり略奪の爆撃の能力の誘発条件を満たさない。
  • 攻撃している状態で戦場に出たクリーチャーは能力を誘発させない。

[編集] 参考

QR Code.gif
データベース・エラー - MTG Wiki

データベース・エラー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
データベースクエリの構文エラーが発生しました。 ソフトウェアにバグがある可能性があります。 最後に実行を試みたクエリは次の通りです: 関数「SiteStatsUpdate::doUpdate」内
(SQLクエリ非表示)
。 データベースの返したエラー「1205:Lock wait timeout exceeded; try restarting transaction (10.12.2.8)
QR Code.gif