水蓮の花/Lotus Blossom

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Lotus Blossom / 水蓮の花 (2)
アーティファクト

あなたのアップキープの開始時に、水蓮の花の上に花びら(petal)カウンターを1個置いてもよい。
(T),水蓮の花を生け贄に捧げる:好きな色1色のマナX点を加える。Xは、水蓮の花の上に置かれた花びらカウンターの数である。


ターンごとに成長するマナ・アーティファクト。おそらく水蓮の花びら/Lotus Petalを調整したものだろう。だが、「Lotus(水蓮)」の名を冠するカードの中では、おそらく最も無名な存在。

それも仕方の無いことかもしれない。色拘束がきつく重い呪文唱える補助として使えるが、使えるのは一度きりで、しかも時間がかかる。出るマナは全部同じなので多色の呪文を唱えるのにも適していない。悠長かつ汎用性も低いと言わざるを得ないだろう。

使うなら、炎の波/Flame Wave精神力/Mind Over Matterなどの強力な呪文と共に使いたい。⇒実物提示モマ

ウルザ・ブロック構築スニークアタックマナ加速に使われていたことも。

  • 後に登場した睡蓮の花/Lotus Bloomカード名が非常に紛らわしい。特に日本語名は音が全く同じである。また、3ターン後にBlack Lotusの如く使い捨ての3マナを生み出す、と言う点も同じ。

[編集] 参考

QR Code.gif