次元のほころび/Reality Ripple

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Reality Ripple / 次元のほころび (1)(青)
インスタント

アーティファクト1つか、クリーチャー1体か、土地1つを対象とする。それはフェイズ・アウトする。(それがフェイズ・アウトしている間、それはそれが存在しないかのように扱う。それはあなたの次のアンタップ・ステップの間であなたがアンタップする前にフェイズ・インする。)


ブーメラン/Boomerangフェイジング版ともいえるカード。ただしエンチャント対象に取ることはできない。サンドポイズというロックデッキで活躍した。

ブーメランと大きく異なる点は次のコントローラーアンタップ・ステップの開始時には必ず戦場に戻ってくる事である。しかし一見デメリットに見える能力もちらつき/Flickerのように一時的に追放するカードと考えれば一転メリットに代わる。このギミックを使用したのが、ネビニラルの円盤/Nevinyrral's Diskと組み合わせたリップルディスクというデッキである。

[編集] 参考

QR Code.gif