断固たる修練者/Unwavering Initiate

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Unwavering Initiate / 断固たる修練者 (2)(白)
クリーチャー — 人間(Human) 戦士(Warrior)

警戒
不朽(4)(白)((4)(白),あなたの墓地からこのカードを追放する:マナ・コストと不朽を持たない白のゾンビ(Zombie)・人間(Human)・戦士(Warrior)であることを除き、これのコピーであるトークンを1体生成する。断固たる修練者はソーサリーとしてのみ行う。)

3/2

WHISPERのテキストには誤りがあります。注釈文の「断固たる修練者はソーサリーとしてのみ行う」は「不朽はソーサリーとしてのみ行う」と読み替えて下さい。

警戒不朽を持つ人間戦士油断なき蜀の歩兵部隊/Alert Shu Infantry砦の執行官/Bastion Enforcer上位互換であり、シナジーを考慮しなければ変わり身の歩哨/Changeling Sentinelの上位互換でもある。

パワー寄りでタフネス2というサイズブロッカーとして心もとなく低マナ域にも相討ちを取られやすいため警戒と噛み合っているとは言い難い。しかし不朽を持つことによって相討ちが損にならず、むしろ低マナ域と相討ちになった上で高マナ域にもパワー3で睨みを利かせながら警戒で殴っていけるため全体としてはとても噛み合っている。対戦相手からすれば、損な相討ちの選択を攻防両面で迫ってくる3点クロックはなかなかいやらしい。

主戦場はリミテッド。不朽やゾンビのシナジーがあるデッキはもちろん、そうでなくともアモンケットの白のコモンの3マナ域の中では攻防両面において最も安定感があるため、便利な戦力として採用され得る。構築では流石に力不足の感が否めないものの、不朽に焦点を当てたデッキでは唯一の3マナ域として採用の余地があるか。

[編集] 参考

QR Code.gif