土地の防御ルーン/Rune of Protection: Lands

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Rune of Protection: Lands / 土地の防御ルーン (1)(白)
エンチャント

(白):このターン、あなたが選んだ土地である発生源1つが次にあなたに与えるすべてのダメージを軽減する。
サイクリング(2)((2),このカードを捨てる:カードを1枚引く。)


対応する防御円が存在していない唯一の防御ルーン。そして防御ルーンで唯一のレア

土地からダメージが発生することは稀であるため、他の防御ルーンと比べると役に立つ場面は極端に少ない。クリーチャーを土地にする方法もほとんど無いので、能動的にコンボを狙うのも難しい。それでいてレアなものだから、ブースターパックから出てくると非常に悲しい気分になる。

ウルザズ・レガシーにはミシュラランドがあるので、当時はそれ対策として使うことも考えられた。ただ、それらはクリーチャー化するとを持つため、わざわざこれを使う意味は薄かった。後世には様々なミシュラランドのほか、溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacleなどダメージソースとなる土地も散見されるため、当時と比べると多少有用性は増していると言える。

  • ペインランドからのダメージも防げる。ライフが少ない時には一応マナフィルターになる。
    • なお、ペインランドから出した白マナによって、そのマナを出す際に発生するダメージを軽減することは出来ない。ペインランドからのダメージはマナ能力の一部なので、この能力を使用するタイミングは存在しない。もしやるとすれば、あらかじめ別の土地からマナを出して能力を使っておいて、その後ペインランドからマナを出すことになる。ただし、真鍮の都/City of Brassの場合はダメージを受ける過程が異なるので、自身のマナによりそのダメージを軽減できる。
  • ケルドの死滅都市/Keldon Necropolisラースの果て/Rath's Edgeからのダメージを防げる数少ない手段である。
  • これがレアなのはリミテッドを考えてのことかもしれない。使える機会が少ないから出る機会も少なくした、という意味で。
  • サイクリングがついているために、惜しくも(?)「The 100 Worst Magic Cards of All Time」へのランク入りを逃した(下記リンク参照)。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ウルザズ・サーガの防御ルーンサイクルサイクリング持ちの防御円

[編集] 参考

QR Code.gif