個別エンチャント

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

個別エンチャント(Local Enchantment)は、パーマネントカードプレイヤーついた状態で戦場に存在するエンチャントを示す廃語


Pacifism / 平和な心 (1)(白)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーでは攻撃したりブロックしたりできない。



Spellweaver Volute / 呪文織りの渦巻 (3)(青)(青)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(いずれかの墓地にあるインスタント・カード)
あなたがソーサリー呪文を唱えるたび、エンチャントされているインスタント・カードをコピーする。あなたはそのコピーを、そのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。そうした場合、エンチャントされているカードを追放し、呪文織りの渦巻をいずれかの墓地にある他のインスタント・カードにつける。


エンチャントに関するルールが第9版で変更されると同時に廃語となったが、その後も俗語として時々用いられる。

かつて個別エンチャントであったカードはすべてオラクルが変更されており、エンチャント・タイプオーラ」とキーワード能力エンチャント」を持つ。詳しくはオーラを参照。

[編集] 旧ルール

[編集] 参考

QR Code.gif