不吉な海/Ominous Seas

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ominous Seas / 不吉な海 (1)(青)
エンチャント

あなたがカードを1枚引くたび、不吉な海の上に予兆(foreshadow)カウンターを1個置く。
不吉な海から予兆カウンターを8個取り除く:青の8/8のクラーケン(Kraken)・クリーチャー・トークンを1体生成する。
サイクリング(2)((2),このカードを捨てる:カードを1枚引く。)


カードを8枚引くごとに8/8のクラーケントークンが現れるエンチャント。似た挙動のカードとして雄鹿の蹄の跡/Hoofprints of the Stagがあるが、より大味かつシンプルになっている。

2マナかけた後は放っておくだけで8/8を生み出すコスト・パフォーマンスは抜群だが、当然ながらかなりの時間を要求してくる。まさか8ターン待つわけにはいかないが、である以上、その気になれば加速方法はいくらでも確保できる。 安堵の再会/Cathartic Reunionのようなルーターはマナに対してドロー枚数が多く、達成を早めやすい。

使い捨てではなくゲームの長引き方次第で2体目以降のクラーケンも呼べること、生成するタイミングは自由なので対戦相手終了ステップ起動して隙をなくせるといった点も良好。そして何より、サイクリング持ちなのでこういったカードの最大の弱点である腐りやすさを解消しており、複数枚引いてしまっても予兆カウンターを増やすために利用できる。

リミテッドでは出せる最大回数が少なくなるが、持て余すリスクの小さいフィニッシャーとして一定の評価を与えられるだろう。サイクリングを多めに採用したりして回数を稼ぎやすいデッキだとなおよい。

[編集] 参考

QR Code.gif