ボーラスの瞑想領土/Bolas's Meditation Realm

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ボーラスの瞑想領土/Bolas's Meditation Realmはレジェンドサイクル2小説三部作(Assassin's BladeEmperor's FistChampion's Trial)初出の次元/Plane。後にプレインチェイス次元タイプの1つに選ばれた。

目次

[編集] 解説

エルダー・ドラゴン/Elder Dragonプレインズウォーカー/Planeswalkerニコル・ボーラス/Nicol Bolasが支配する次元の1つ。謎多き超現実的な世界で、次元の様相は訪問者の思考や起こりうる将来を鏡に映し出すかのように変化する。小型の次元(Pocket Plane)とされる。

マダラ帝国/Madaran Empireの高官や工作員の中には、ドミナリア/Dominariaからこの次元へのアクセスが許されている者もいる。Ramses Overdark(ラムセス・オーヴァーダーク)テツオ・ウメザワ/Tetsuo Umezawa竜公大将軍などが該当し、彼らは精神集中や儀式的な手段によって瞑想領土を訪れ、ボーラス皇帝に謁見する他、情報交換や会談を行い命令伝達をしている。

  • 「ボーラスの瞑想領土/Bolas's Meditation Realm」はプレインチェイス以降の名称であり、レジェンドサイクル2小説三部作では単に「Meditation Plane(瞑想次元)」と呼ばれていた。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

プレインチェイス
生達の池/Pools of Becoming
基本セット2013
適合の宝石/Gem of Becoming

[編集] 登場作品

[編集] 登場記事

[編集] 参考

QR Code.gif