ホマリッド

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ホマリッド/Homaridは、クリーチャー・タイプの1つ。ザリガニのような外見を持つ知的種族


Homarid (2)(青)
クリーチャー — ホマリッド(Homarid)

Homaridはその上に潮汐(tide)カウンターが1個置かれた状態で戦場に出る。
あなたのアップキープの開始時に、Homaridの上に潮汐カウンターを1個置く。
Homaridの上に潮汐カウンターが1個だけ置かれているかぎり、それは-1/-1の修整を受ける。
Homaridの上に潮汐カウンターが3個だけ置かれているかぎり、それは+1/+1の修整を受ける。
Homaridの上に潮汐カウンターが4個以上置かれるたび、その上からすべての潮汐カウンターを取り除く。

2/2


Homarid Warrior / ホマリッドの戦士 (4)(青)
クリーチャー — ホマリッド(Homarid) 戦士(Warrior)

(青):ホマリッドの戦士はターン終了時まで被覆を得るとともに、それのコントローラーの次のアンタップ・ステップにアンタップしない。ホマリッドの戦士をタップする。(被覆を持つクリーチャーは呪文や能力の対象にならない。)

3/3


Homarid Explorer / ホマリッドの探検者 (3)(青)
クリーチャー — ホマリッド(Homarid) スカウト(Scout)

ホマリッドの探検者が戦場に出たとき、プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは自分のライブラリーの一番上からカードを4枚自分の墓地に置く。

3/3

初出はフォールン・エンパイア。その後アライアンスにも1枚登場したが、その後は全く出番が無く、アンヒンジドOld Fogeyで懐古ネタにされるほど。そのまま忘れ去られるかと思いきや、懐古エキスパンションである時のらせん、更に時を経たドミナリアで、それぞれ新種が1体ずつ追加された。

すべて単色である。Deep Spawnホマリッドの戦士/Homarid Warriorアンタップしない事と引き換えに被覆を得る能力を持つが、それ以外は共通したデザインは無い。

部族カードは前述のOld Fogeyのみ。

[編集] ストーリー

マーフォークと長年抗争を続けていたが、兄弟戦争/Brothers' War後のサーペイディア暗黒時代に勢力を大きくし、その大群はヴォーデイリア帝国を滅ぼした。その後、氷河期が終わると、新種ヴィセリッド/Visceridが姿を現している。また、カマリッドはホマリッドの幼体であるが、詳細は不明。

「ホマリッドはサーペイディアから北方の寒冷な気候の地に暮らしており、食糧を求めて沿岸の村々を襲う。」

[編集] 参考

QR Code.gif