バード

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

バード/Bardは、クリーチャー・タイプの1つ。歌や演奏によって魔法的な力を発揮する職業。日本語では「吟遊詩人」と訳されることもある。


Elvish Bard / エルフの吟遊詩人 (3)(緑)(緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) シャーマン(Shaman) バード(Bard)

エルフの吟遊詩人をブロックできるすべてのクリーチャーはそれをブロックする。

2/4


Inspiring Bard / 鼓舞するバード (3)(緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) バード(Bard)

鼓舞するバードが戦場に出たとき、以下から1つを選ぶ。
・バードの声援 ― クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは+2/+2の修整を受ける。
・休息の歌 ― あなたは3点のライフを得る。

3/3


Kalain, Reclusive Painter / 隠棲した絵描き、カレイン (黒)(赤)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) エルフ(Elf) バード(Bard)

隠棲した絵描き、カレインが戦場に出たとき、宝物(Treasure)トークン1つを生成する。(それは、「(T),このアーティファクトを生け贄に捧げる:好きな色1色のマナ1点を加える。」を持つアーティファクトである。)
あなたがコントロールしていてこれでないすべてのクリーチャーは、追加で、それを唱えるために支払われた宝物からのマナ1点につき1個の+1/+1カウンターが置かれた状態で戦場に出る。

1/2

フォーゴトン・レルム探訪で登場。それと同時にオラクル変更により過去のカードで名前にBardを含むクリーチャーがこのサブタイプを得た。

に最も多いが、単色黒赤にも1枚ずつ存在する。

吟遊詩人だけあり、自らが戦うよりは他のクリーチャーのサポートに向いた能力を持ったものが多い傾向にある。

伝説のクリーチャーフォーゴトン・レルム探訪現在、放浪の吟遊詩人、イーサーン/Yisan, the Wanderer Bard隠棲した絵描き、カレイン/Kalain, Reclusive Painterの2枚。

  • bardとはもともと、ケルト人社会におけるドルイド(祭司)のうち、神話・歴史・法律などを詩歌の形で伝承する役目に特化したものを指す言葉であった。後世になると広く吟遊詩人(各地を旅しながら詩曲を歌う芸人)の意味で使われるようになり、さらにダンジョンズ&ドラゴンズやその影響を受けたファンタジー作品では、歌や演奏によって魔法的な力を発揮する職業にこの言葉が用いられている。
  • を意味するバード(bird)とは無関係。

[編集] 参考

QR Code.gif