グレムリン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

グレムリン/Gremlinは、クリーチャー・タイプの一つ。空想上の生物で、機械に悪戯をすると言われている。


Phyrexian Gremlins (2)(黒)
クリーチャー — ファイレクシアン(Phyrexian) グレムリン(Gremlin)

あなたは、あなたのアンタップ・ステップにPhyrexian Gremlinsをアンタップしないことを選んでもよい。
(T):アーティファクト1つを対象とし、それをタップする。それは、Phyrexian Gremlinsがタップ状態であり続けるかぎり、それのコントローラーのアンタップ・ステップにアンタップしない。

1/1


Flensermite / 解剖妖魔 (1)(黒)
クリーチャー — ファイレクシアン(Phyrexian) グレムリン(Gremlin)

感染(このクリーチャーは、クリーチャーに-1/-1カウンターの形でダメージを与え、プレイヤーに毒(poison)カウンターの形でダメージを与える。)
絆魂(このクリーチャーがダメージを与える場合、さらにあなたは同じ点数のライフを得る。)

1/1


Ruinous Gremlin / 壊し屋グレムリン (赤)
クリーチャー — グレムリン(Gremlin)

(2)(赤),壊し屋グレムリンを生け贄に捧げる:アーティファクト1つを対象とし、それを破壊する。

1/1

初出はアンティキティーPhyrexian Gremlins。一体しか存在しないため、いつ絶滅するかと心配されていた。クリーチャー・タイプ大再編は生き残ったものの、2008年1月にPhyrexian Gremlinsのタイプがアウフとなり一旦絶滅した。その後、ミラディン包囲戦解剖妖魔/Flensermiteのクリーチャー・タイプとして復活。同時期のオラクル変更でPhyrexian Gremlinsもグレムリンに戻された。その後カラデシュ・ブロックの主要種族として扱われ、新種が多数登場した。イコリア:巨獣の棲処でも新種の火傷吐きグレムリン/Blisterspit Gremlinが追加された。

と赤に存在し、原典の特徴を反映してアーティファクトに関連する能力を持ったカードが多い。

赤の2/2のグレムリン・トークン生成するカードとして、グレムリンの侵入/Gremlin Infestationグレムリン解放/Release the Gremlinsが存在する。

[編集] ストーリー

グレムリンは種族の一つ。いくつかの次元/Planeに棲息するが、特にカラデシュ/Kaladeshでは主要種族となっている。

カラデシュのグレムリンは、長い鼻と六本の肢を持つ獣。発明品を壊して中身の霊気/Aetherを喰らう。そのため害獣と見なされているが、霊気を自然界へ返還するという重要な役割を担っている。

詳細はグレムリン/Gremlinを参照。

[編集] その他

  • グレムリンのルーツは20世紀初頭であり、マジックで扱われる他の空想上の生物たちと比べてかなり「新しい」部類である。当時のイギリス空軍にて囁かれた、「飛行機などの故障はグレムリンの仕業である」という噂が始まりだとされている。
  • ゴブリンノームなどに近い存在とも言われており、時にはそれらの一種と見なされることもある。これらはアウフにも通じるところがあるため(詳しくはアウフの項を参照)、Phyrexian Gremlinsが一時期アウフだったのもそのためと思われる。

[編集] 参考

QR Code.gif